【非公式】iPadでiOS11を使用したコンセプトムービーが公開!iPadをよりクリエイティブに使えるようになる!?

皆さんこんにちは、ナベ(@naoki_watanabe)です。

私はiPadをよりクリエイティブに使いたいけれどiOSのせいでイマイチ使い切らなくてやきもきしています。

外出時にちょっとだけブログとか書きたいだけでMacBook持ち出すには気がひけるしという時にiPadが大活躍できるようになるとめちゃくちゃ便利だと思うんですよね。

そんな私がウキウキワクワクするような映像が公開されました!

今度のWWDC2017で公開されると言われているiOS11をiPadで使ってみるというマニアックな非公式コンセプトムービーです。

早速紹介します!

ドラッグ&ドロップ機能が秀逸

非公式コンセプトムービーを公開したのはMacStories

中身はiPadをクリエイティブに使いたいと考えている人にとってはとことん夢の詰まったものでした。

まず最初に出てくるのはシステム全体で利用できるドラッグ&ドロップ機能。

テキストだけでなく写真やURLなどもアプリ間を移動できます。

スプリットビューにしてアプリを横に並べてドラッグ&ドロップでメモに移動させていく様は感動もの。

ドラッグ&ドロップは直接アプリを並べてやらなくてもShelfというドラッグされたファイルを一時保管する場所経由でもできます。

Shelfに保管されているファイルは任意に消したりもできるようでよく使うファイルとかはずっと置いておけるのかな?

ドラッグ&ドロップはアプリアイコンにも放り込める

このドラッグ&ドロップ機能はホーム画面でアプリを立ち上げずともアプリアイコンに放り込むだけでインプットされる模様。

メールのテキストをドラッグしてリマインダーアプリにドロップすれば簡単にリマインダーの出来上がり!

タスク管理も捗りそうですね。

Mac OSでおなじみのFinderが登場!

続いて登場するのがMac OSではおなじみのFinder。

iOSはファイル管理が大変だったのでFinderの登場は大歓迎です!

アプリを使えばAndroidでは使えた機能ですが、ここにきてiOSでもやっと使えるようになるのでしょうか。

その他便利機能も満載

そのほかに登場するのはミュージックアプリで音楽を再生しながらYouTubeアプリなども再開できる機能やメールのスマートフォルダー機能、後はスプリットビューのアプリ一覧が新しくなって使いやすくなりそうですね。

まとめ

どこまで実現するかは定かではありませんが、もしこれら全てが実現されたらiPadは今度こそ少しずつPCに置き換わっていくでしょう。

とりあえず私も簡単な作業はiPadで、重たい作業はMacBook Proでというように少しずつiPadでも作業ができるようにしていきたいです。

iPadの手軽さは単なるコンテンツ消費マシーンにしておくには勿体なさすぎるので!