10.5インチ、12.9インチの新型iPad Proが発売開始!こいつは欲しいぜ!!

皆さんこんにちは、ナベ(@naoki_watanabe)です。

AppleのイベントWWDC2017で新型iPad Proが発表されましたが、早速発売が開始されました。

WWDC2017を眠気を吹き飛ばしてテンション上げて見ていた身としては勢いで買ってしまいそうでしたが、ここはぐっと堪えて冷静に中身を確認していきましょう!

10.5インチと12.9インチの2サイズ展開

新型iPad Proのディスプレイサイズは10.5インチと12.9インチの2サイズ。

これまでは9.7インチと12.9インチの2サイズでしたが、9.7インチに代わり10.5インチになりました。

なんで10.5インチになったのかは色々理由がありそうですが、ソフトウェアキーボードがフルサイズになっているようです。

コンパクトで持ち運びやすく文字入力もしやすい。

そんな最強のiPad Proが誕生したと言うことですね!

ディスプレイがパワーアップ!

リフレッシュレートが120Hzになった、明るさが600ニトになった、P3の広色域を採用、反射率も1.8%に低減と全面的にディスプレイがパワーアップしています。

これまでのiPad Proでも相当なレベルだったのですが、さらにぶっ込んで来るところが流石のAppleさんです。

A10Xチップの採用で更にパワフルに!

iPhone7に搭載されていた最強のチップA10をカスタマイズしたA10Xチップを搭載しており更にパワフルになりました。

下手なノートパソコンよりもスペックが高く重たい処理もなんのそのです。

しかも省電力性能も兼ね備えておりバッテリー持ちも良いです。

なんと公証で10時間!

こちらも下手なノートパソコンを凌駕していますね。

一緒に発表されたiOS11がiPadをよりPCライクに使えるようにするものだったので、いよいよノートパソコンの出番が激減する時が来たのかもしれません。

ベゼルもホームボタンもカメラの出っ張りも残ってる

外観はそこまで攻めていない感じ。

ベゼルレスやホームボタンの廃止はなく、これまで通りにホームボタンがあります。ベゼルは更に薄くはなりました。

外観の劇的な変化はiPhone8までお預けなんですね。

少し寂しいけどAppleの戦略としては正しいと思います。

カメラは相変わらず出っ張っています。

Appleとしては全くデメリットとして受け止めていないんですね。

iPhone8も出っ張ったままみたいですし、これはもう抵抗を続けるのはやめました。

結局買うの?

さっきからずっとバッグに入れては出してを繰り返しています…

このスペックならばかなりの間使えそうなので間違いなく買いなのですが、Appleストアで実物を見てから買いたい気持ちもあり最後の一押しができません…

買うなら当然10.5インチ。

64GBでWi-Fiモデルで良いかな?って感じです。

自分の使い方だと外ではモブログくらいしか使わないのでその時だけテザリングすれば良いですからね。

いや、本当か!?

カーナビとして使ったり常時ネットに接続して使いたくならない??

う〜ん、本当に悩みます…

悩んでいる間が一番幸せなんでしょうけどね。

もう少し考えます。

価格表はこちら

モデル ストレージ容量 Wi-Fiモデル Wi-Fi+Cellularモデル
10.5インチ 64GB 69,800円 84,800円
256GB 80,800円 95,800円
512GB 102,800円 117,800円
12.9インチ 64GB 86,800円 101,800円
256GB 97,800円 112,800円
512GB 119,800円 134,800円

Wi-Fi+Cellularモデルならば10.5インチとも言えども結構なお値段がするので悩みますね…