10.5インチiPad ProにSmart Coverを付けた状態でレザースリーブに入るのか試してみた

皆さんこんにちは、ナベ(@naoki_watanabe)です。

10.5インチiPad Proを愛用する私ですが、Smart Coverを付けるかどうか悩んでいました。

Smart Keyboardではありません、Smart Coverです。

Smart Coverを付けるにあたり気になるのはレザースリーブにSmart Coverを付けて入るのかという点。

それが気がかりでずっと購入に踏み切れなかったのですが、この度付けられそうだという情報を得て購入しました。

というわけで今回は自分の目で10.5インチiPad ProにSmart Coverを付けた状態でレザースリーブに入るのかを確かめてみたいと思います。

何故Smart KeyboardではなくてSmart Coverなのか?

iPad Proを購入された方って大抵がSmart Keyboardを付けられますよね。

やっぱりApple純正でカッコいいしせっかくiPad Pro買ったんだからという気持ちも強いんでしょう。

でも私は特殊な事情故にキーボードはMicrosoft Universal Foldable Keyboardを選択しました。

従って必然的にカバーはSmart Coverを選びました。

マニアックですね!

開封の儀

本題とは違いますがせっかくなので開封の儀やっときましょう!

外箱はこんな感じ。

IMG 3303

スライドさせて開けるタイプですね。

IMG 3297

早速Smart Coverがお目見え!

IMG 3292

Apple製品を購入するといつもテンション上がります。

表面の外観はこんな感じ。

IMG 3291

何のことはない、いつものSmart Coverです。

でも、それが良いんだ!

よく見ると分かりますがシボ加工がされています。

IMG 3289

高級感ありますね!

続いて裏面の外観。

IMG 3295

画面を傷付けないためにファサファサの生地になっています。

IMG 3298

Apple製品のカバー系はどれもそう。

お心遣いありがとう!

さて、いよいよiPad本体とドッキング。

IMG 3304

接続はマグネットでカチッ!

IMG 3301

ここもいつものSmart Coverです。

うむ、収まりも良い感じ♪

Smart Coverを閉じてみたところ。

IMG 3294

風呂蓋と揶揄されているけどそれが良い!

iPad本体と大きさはぴったりでどちらかがはみ出すということもありません。

ツライチって感じです♪

Smart Coverは本体のスリープと連動していて開けるとスリープが解除されます。

IMG 3296

パスコードロックかけてるとあまり意味がないんですけどね。

だが、それが良い!

一応iPad本体を立てる機能も試してみます。

動画を見る時はこれ。

IMG 5122

Apple Pencilで書き物をする時はこれかな。

IMG 8338

なかなか便利です。

これまでは別体のスタンドを使ってましたがSmart Coverなら特に何も追加しなくても立てられますからね。

角度が2段階に調整できるのもGood!

本題:10.5インチiPad ProにSmart Coverを付けた状態でレザースリーブに入るのか

いよいよ本題です。

入れたら答えがすぐに出るよ!入れてみよう。

IMG 3302

スルスルっと入っていく。

IMG 3300

入りました!

IMG 3290

入れた時のレザースリーブの厚みの状態を確認。

IMG 3305

ふむ、無理なく入っています。

これなら常用しても問題ないでしょう。

これがSmart Keyboardなら話は別。

Smart Keyboardを付けたまま入れると何とか入るけど心配になるくらいパンパンになるらしいので注意です!

とりあえず無事に入ってくれて肩の荷が降りました。

買ったのに入らなかったじゃシャレになりませんから!

シャレにはならなくてもブログのネタにはなりますけどね…

まとめ

今回10.5インチiPad ProにSmart Coverを付けた状態でレザースリーブに入るのかを試してみました。

結果は○。

これで安心してiPad Proをガンガン外にも持ち出して使っていけますね!

やったぜ!!

Smart CoverはSmart Keyboardを使わない全ての方にお勧めできます。

他社からもっと安い似たようなカバーが出ていますが、やっぱりここはApple純正でしょう!

純正ならではのカッコよさが段違いです♪

それでは今日はこの辺で。

ありがとうございました。