iPhone8の量産開始が11〜12月にずれ込む可能性あり!気長に待とう!!

皆さんこんにちは、ナベ(@naoki_watanabe)です。

gori.meによるとiPhone8の量産開始が11〜12月にずれ込む可能性があるとのこと。

私を含めて楽しみにしている人にとってはとんでもない情報なので早速紹介します!

例年通りだと新しいiPhoneは6〜7月に量産開始するんですよね。

そして9月に発表&発売というのが毎年恒例の流れでした。

しかし今年は違うかもしれません。

量産開始の遅れに関する情報はなんだかんだ言って毎年この時期になると出てきては結局9月には出回るのですが、今年ばかりは本当に遅れる気がしてなりません。

と言うのもTouch IDのディスプレイへの埋め込みとワイヤレス充電の制御がうまく言っていないという情報があちこちで出回っているからですね。

そしていつも精度の高い情報を提供してくれるKGI証券のMing-ChiKuo氏もiPhone8の初期出荷台数が最悪の事態になるとの見解を示しています。

iPhone8は10周年記念モデルと言われており多くの人が注目していますよね。

それが初期出荷台数がかなり絞られて量産開始が11〜12月になると年内の入手は絶望的…

こりゃとんでもないことになりますね!

iPhone7のジェットブラックでも大変なことになりましたが、今年はそれの上を行く可能性があります。

いち早く話題の製品を手に入れたいという思いは誰にでもあると思いますが、今年ばかりは気長に楽に手に入る時期まで待つのが精神衛生上良いのではないでしょうか?

私もいつもiPhoneを購入する時は休みを取って予約開始直後に注文していましたが、今年はのんびり待ちたいと思います。

幸いiPhone7 Plusが絶好調でまだまだ使えるんですよね。

例年だったらまだ買い換えるようなタイミングじゃありません。

10周年記念モデルだからこそ今年も買い換えるんです。

と言うわけで、iOS11+10.5インチiPad Proを楽しみつつiPhone8の到着を待ちたいと思います。

こんな話をするには気が早すぎますかね。

まだ正式発表もされていないのに(笑)

良いんです、こうやってワクワクドキドキして待つのが正しいiPhoneの楽しみ方です。

皆さんも私と一緒にワクワクドキドキして待ちましょう!

(via gori.me)