iPad Pro 2018年モデルのパワーならここまでできる! iPad ProでPCを持ち出さなくても良くなった私の快適生活をお見せします

皆さんこんにちは、ナベ(@naoki_watanabe)です。

巷で話題のiPad Pro 2018年モデル、僕も買ってしまいました〜!
iPad Proは自分にとって仕事道具でもあるので少しでも良いものを使いたくてね。
結果はもちろん大満足!
何が素晴らしいってその軽さ、薄さ、そしてパワーです。
あまりにバランスが良いので嬉しくなってなんとか有効活用してやろうと躍起になって、ようやく自分の中で活用法がまとまってきました。

正直言って今ではPCを持ち出さなくてもほとんど良くなりました。

あまりに素晴らしすぎて皆さんにも是非快適なiPad Proライフを体験していただきたいので詳しく解説させていただきますね!
具体的に何が素晴らしいかと言うと

  1. Apple Pencilで快適手書きノート!
  2. Lightroom CCで快適写真現像!
  3. Affinity Photo+Apple Pencilで快適写真レタッチ!
  4. Officeで楽々資料作成!
  5. Ulysses+外部キーボードで楽々ブログ執筆!
  6. YouTube & Prime Videoアプリで快適動画鑑賞!

それではここからはひとつずつ具体的に説明していきます。

1. Apple Pencilで手書きノートが快適に取れる

2017年以前のモデルのiPad Proでもこの点は十分快適でしたが、2018年モデルは以下の点で更に快適になりました。

ひとつ目がApple PencilがiPad Pro本体に磁石でくっつくようになった事。

この進化はデカイです。
何と言っても持ち運びに困らなくなりました。
これまではiPad Pro本体にくっつかなかったのでApple Pencilは単独で持ち運ばなければならなかったのですが、これが結構扱いに困りました。
スリーブケースに収納したり単独のペンケースが出たりしてましたね。

更には旧式のApple Pencilhは置くとコロコロ転がるし、充電するときに外したキャップを紛失するしで大変だったんです。
今ではApple Pencilの形状も変わって転がらなくなったし充電も磁石でくっつけるだけだからキャップ自体がなくなりましたしね。
そして元々Apple Pencilは反応も良くラグもほとんどないし示唆もないのでめちゃめちゃ文字も絵も書きやすかったんです。
髪と鉛筆とは飛んど変わらない書き味で、メモはどれだけ書いても紙のノートのように分厚くなることもなく、そして検索で前に書いたメモにもすぐ飛べるしで最高としか言いようがありません。
iPad Pro2018年モデルでの持ち運びのしやすさ+元々からの手書きノートの使い勝手の良さが合わさって今度こそ神手書きメモデバイスと言っても過言ではなくなりました。
これだけで価格的にもかなり高級な部類に入るiPad Proを買っても何も問題ない程です。
私は仕事のノートをiPad Proで取っています。
iPad Proの持ち込みを許可されている職場でしたら是非iPad Proの手書きノートを試してみてください。
快適過ぎて今までの紙のノートは何だったんだと愕然とすること間違いなしです!

2. Lightroom CCで快適に写真を現像できる

私は元々Lightroomを使って写真を管理&現像しており、つい最近まではLightroom Classic CCを使用していました。
従来からのPCに保存した写真データをカタログとして使うタイプのLightroomですね。
しかしLightroom CCという別のLightroomを使うとiPad Proで写真を現像できることに気付いたんです!
どういうことかと言うと、名前は似ていますが写真の保管の考え方が異なるタイプのLightroomで、クラウド上に写真をアップしてそれをカタログとして写真を管理、または現像できるアプリなんです。
そのおかげで同期しているデバイスではどこからでも現像ができてしまうんですね。
これまでは基本的にはPCからしか現像が出来なかったのに、iPad ProどころかiPhoneからでも現像できてしまうと言う便利さ。
しかも機能的にもほぼ遜色なくこれまで同等の機能が使えてしまうんです。
本物のプロの方にはちょっと物足りないかもしれませんが、私くらいのちょっとかじった程度の趣味の写真好きにとっては十分すぎる機能が備わってます。
露光量の調整から白黒レベルの調整、ヒストグラムも出せるしトーンカーブだって。
Lightroom CCを使うことで何が起きたかというと、iPad Proは下手なPCよりもパワーがあるので快適に写真を現像できてしまうんです。
これまで一番時間がかかっていた写真の書き出しも1枚あたり10秒程度でサクッと完了します。
はっきり言ってPCで現像していた時代よりも快適です。
しかもPCは立ち上げるのに気持ち的に億劫になりますが、iPad Proならばサッと取り出してさっとLightroom CCを立ち上げ、さっと現像する気になれます。
おかげで写真は撮ってもその後の現像が滞留しがちだった私も、iPad Proで撮ったその日に現像してしまえるようになりました。
更に更に…
それこそiPad Proならば寝転がりながらとか寝室でも現像できてしまうんだからもう最高!
現像に対する心理的なハードルは完全に無くなりました。

3. Affinity Photo+Apple Pencilでレタッチが捗りまくり

Lightroom CCもiOSアプリとは思えないくらい高性能なのですが、Affinity Photoというこれまた高性能なiOSアプリがあるんです。
機能的には写真レタッチや加工のアプリで、いわゆるPhotoshop的なことができるアプリです。
しかもLightroom CCに負けず劣らず、デスクトップPC用のアプリとほぼ同等のことができてししまうんです。
つまりiPad Proだけで写真のレタッチや加工ができてしまうんです。
写真の中の不要な部分をサクッと消せるのはもちろん様々なエフェクトがかけられたり文字入れだってなんのその。
iPad ProにはPhotoshopが無いからダメだと言う人がいますがとんでもない。
それはAffinity Photoの存在を知らないだけです。

Photoshopが無いならAffinity Photoを使えば良いじゃない!

…失礼いたしました。
まあ真面目な話Photoshopも2019年には出るみたいなので、Affinity Photoに限らずiPad Proで写真のレタッチが快適にできると言うのはもう揺るぎない事実です。
この事実を知っているのと知っていないのとでは全然違いますのでこの機会に押さえてくださいね。
iPad Pro、かなりイケてますから!

4. Officeだって快適に使える!

iPad Pro 2018年モデルで使おうと思うとOffice 365に課金をしなければいけませんが、(無料で使えるのは9.7インチiPad Proのみ)iOS版のOfficeもかなり使えます。
Surface Book2を買ったときについてきたライセンスがあるのでせっかくなのでiPad ProでOffice使ってますが、特によく使うのはExcelですが、外部キーボード使うとPCさながらって感じですよ!
強いて言うならマウスが使えないので少し使いづらいと言うことくらいです。
それだってまあ我慢できないほどじゃ無い。
機動力の高いiPad Proで使えると言う利便性を考えたら十分に我慢できます。
後大事なこと言うの忘れてました。
残念ながらマクロは動きません。
なのでマクロをバリバリ動かしたい人には使えない代物ですが、僕のように表を作ったり簡単な計算をさせたいだけの人には十分すぎる機能があります。
と言うわけで超気軽に持ち出せるiPad ProでOfficeができればビジネス用途も捗ること間違いなし。
ホントにiPad Proだけで出張に行けてしまうんじゃね?
今度出張の予定があるので試してみます。

5. Ulyssesと外部キーボードがあれば文字打ちだって捗っちゃう!

私が愛用しているテキストエディタアプリにUlyssesというのがあります。
これがまたシンプルなんだけど文字打ちが楽しくなる要素を多数織り込んだ楽しいアプリなんです。
僕はブログを書くために使っていますが、別に書くのは何だって良い。
日記でも単なるメモでも。
何を書いても書くことに集中できて楽しくなる、そんなアプリです。
そしてそこにSmart KeyboardやMagic Keyboardのような外部キーボードを追加すればさらに文字打ちが捗ること間違いなし!
ちなみに、この記事もiPad Pro+Ulysses+Magic Keyboardで書いていますが、楽しすぎてそろそろ4,000文字になりますが楽しすぎてまだまだ書けてしまいます!
読み手のことを考えていないですね、いかんですね。
文字が多ければ多いほど良い訳ではない。
少し抑えめにしておきます。

6. YouTubeやPrime Videoアプリで動画鑑賞が快適!

ここにきてクリエイティブな作業ではなくコンテンツ消費系の話です。
これはiPad Proに限らず全てのiPadで共通の話だと思われるかもしれませんが、違うんです。
iPad Pro、特に2018年モデルはより動画鑑賞が楽しめるように進化しているんです。
どういうことかと言うと、ひとつはホームボタンが無くなりスッキリしたデザインになったこと。
映像に素直に没入できること間違いなしです。
そしてふたつ目はスピーカーのクオリティの高さです。
普通のiPadは2つしかスピーカーがないのに対してiPad Proは4つもスピーカーがあります。
そして2018年モデルはウーハーやツイーターまで兼ね備えており、内蔵スピーカーとは思えない程めちゃくちゃ臨場感あるサウンドを出してくれます。
なので動画鑑賞にはもってこいなんです。
同じ理由でゲームなんかもより楽しめるかもしれないですね。
見出しにYouTubeとPrime Videoと書いたのは僕が使っているのがその2つなだけで、NetflixやHuluなんかでも同じですよね。
動画鑑賞の快適さはiPad Proならではです。
ちょっとした外出にでも持って行って、カフェのwifiに繋いでYouTubeを見て、イヤホンはAir Podsにすれば最高に快適なひと時を過ごせます。

はっきり言って最高にクールです!

まとめ

iPad Proに対する愛が深すぎてかなりの長文記事になってしまいました。
ちょうど5,000文字くらいですかね(汗)
それくらいiPad Proを愛していると言うことで。
そしてちょっとした外出や1泊くらいの旅行ならばPCの持ち出しは不要でiPad ProとMagic Keyboardのみで出かけられるようになりました。
誤解なきように言いますが、もちろんiPad ProさえあればPCは不要!と言っている訳ではないです。
PCの方が快適にできる作業も中にはあります。
それでもLightroom CCやAffinity PhotoはiPad Pro+Apple Pencilでしか体験できないものもあるし、PCと比べてあらゆる面で劣っている訳でもないのです。

世間ではあえて対立を煽ってiPad ProはPCを超えただの、逆に劣化PCだのと言われがちですが、むしろ共存できるものとして僕は評価しています。

ただ、外出時になるべく荷物を減らしたいときに迷わずPCを置いていけるのが素晴らしいんです。

それくらいの信頼度がiPad Proにはあります。
iPad Proに対してこのような評価を持っているのは珍しいと思うので、是非参考にしていただけたらなと思います。

それでは今日はこの辺で。

ありがとうございました。