Apple Watchの文字盤をモジュラーにしたらApple Watchの可能性が広がりまくって生活がとんでもなく捗った話

皆さんこんにちは、ナベ(@naoki_watanabe)です。

僕はApple Watchを初代が発売した時から使っていて、そろそろ使用歴が3年半になります。

その間色々試行錯誤して使ってきましたが、直の点が気に入っていました。

  1. 通知が飛んできて便利!
  2. iPhoneで再生中の音楽のリモコンになって便利!
  3. 無音で起こしてくれる目覚し時計として便利!
  4. アクティビティトラッカーとして便利!
  5. 瞑想の手助けをしてくれるものとして便利!
  6. Apple Payが便利!
皆さんこんにちは、ナベ(@naoki_watanabe)です。Apple Watch Series 3 GPSモデルを使って1週間が経ちました。私は初代Apple Watchからの乗り換えだったのでApple Watch...

しかし今頃になってとある文字盤の便利さに気付いてしまったんです。

その文字盤の名前は”モジュラー”。

こんな表示のことです。

そのモジュラーのおかげでApple Watchが更に便利なアイテムになって僕の生活が捗りまくりなので今回は詳しく紹介します!

新しい使い方は以下の2つ。

  1. Apple Watchが次に取るべき行動を教えてくれる秘書になる!
  2. お出かけ前に今日の天気・今の外気温をさっと確認、傘の要否や衣服の調整に役立つ!

たった2つと侮ることなかれ。

目から鱗レベルの便利さなのでひとつずつ順番に紹介していきます。

1. Apple Watchが次に取るべき行動を教えてくれる秘書になる!

しのごの言う前に僕のApple Watchの文字盤をお見せします。

ジャジャ〜ン!

Apple Watchの文字盤のモジュラーに各種アプリを配置してこのように表示させています。

ど真ん中に表示されている文字は”会社に移動する(朝)”。

そしてその下には”07:40 Skype会議準備”。

どういうことでしょう!?

説明します。

“会社に移動する”が今取るべき行動、”07:40 Skype会議準備”は次に開始時間が決まっている予定です。

7時40分になったらSkype会議の準備をしろというわけです。

Apple Watchがこんなことを教えてくれるんですねえ。

まるで秘書みたい!でしょ!?

どうやってやっているかというと、モジュラーのアプリの配置の設定から真ん中に表示するアプリを”たすくま”にしただけです。

“たすくま”とは!?

皆さん、こんにちは。前回は時間管理術として”タスクシュート”を紹介しました。今回から”タスクシュート”の肝となるポイントをひとつひとつ解説していきます。今回は”記...

僕のブログをずっと読んでくれている人にはおなじみですが、タスクシュートという方式のタスク管理術の実行を助けてくれる超便利なアプリです。

たすくまの設定やらタスクの配列などは事前にiPhoneでやっておかなければいけませんが、準備ができていればApple Watch上に良い感じに情報が表示されて超優秀な秘書になります。

僕がやることはApple Watchに表示されているタスクをタップしてタスクの開始、そして終わったらもう一度タップしてタスクを終了させることです。

そしたら次にやるべきタスクがまた文字盤に表示されるのでそれを繰り返すだけ。

次に開始時間の決まっている予定も分かるので、タスクをこなすペース配分にも気を配れます。

例えば上の例だったら、現在は6:52で会社に移動中。

7時40分にはSkype会議の準備を始めなければいけませんがまだ余裕があります。

こんなことが分かるわけですね。

アプリの機能が便利なだけという話もありますが、Apple Watch、超便利です♪

モジュラーを使い始めてから自分の行動に自信を持てるようになりました。

今何をすべきかとこのままのペースで良いのか常に判断できますからね。

これは仕事も捗りまくりですよ!

たすくまの使い方っぽい記事は過去にいくつか書いていますが、現在の僕の使い方の集大成となる記事はそのうちアップしようと思っていますのでタスク管理に興味のある方はお楽しみに!

2. お出かけ前に今日の天気・今の外気温をさっと確認、傘の要否や衣服の調整に役立つ!

また先ほどのモジュラーの写真をみてください。

一番下段の左に雲のマーク、右に温度が表示されています。

雲のマークが現在地の今の天気で、これをタップすると10時間先の天気まで分かります。

モジュラーの画面とリンクはしていませんが下の様に天気が表示されます。

温度に関してはタップしても同じく10時間の天気が表示されるだけで、先の気温予想が見れるわけではありません。

それでも十分便利ですが。

どういう使い方が便利かというと、お出かけ前に今の外気温を見て今着ている服装で問題ないか?もっと厚めの上着が必要か?を判断することができます。

そして10時間の天気も確認して傘を持って行った方が良いのか?折りたたみ傘にするか?を判断することができます。

この便利さったらないです。

ある意味お天気お姉さん要らず!!

※癒しという意味では必要だけど

ああ、何て便利だったんだApple Watchは。

これまで全然使いこなせていないので勿体無かった…

その他の便利機能

モジュラーで一気に広がったApple Watchの可能性ですが、それ以外にもSiriに話しかけてリマインダーに登録してもらう機能がめちゃくちゃ便利です。

もしくはタイマーのセットもSiriに話しかけるだけ。

iPhoneでもできることですが、腕に常に身につけているApple Watchの方が便利さ100倍です。

僕はリマインダーの中身をタスク管理アプリのOmnifocus3に転送するように設定してありほぼ全ての情報をOmnifocus3に集約しているので、思いついたそばからアイデアをApple WatchのSiri経由でOmnifocus3に飛ばしまくり、忘れる心配もありません。

Apple WatchのSiriを使ったタイマーのセットも掃除をしている時や料理をしている時に便利ですよ。

手が濡れてたりiPhoneがポケットの奥深くに入り込んでいても何の苦労もなくタイマーを起動できますから。

まとめ

最近ではiPhoneよりもApple Watchの方に未来を感じてしまいます。

新しい世界が広がるという意味でね。

この記事で紹介した便利機能はまさに小さい頃に想像していた未来の生活そのもの。

本当にSFの世界が手の届くところにやってきているんです。

これ程夢を感じることはないでしょう!

Apple WatchのApple Payで支払いをするのだってそうですよね。

腕時計で支払いができてしまうなんて便利以外の何物でもありません。

便利すぎて怖いくらい。

Apple Watchを既に使いこなしている方々からすれば何の驚きもない当たり前の話かもしれませんが、Apple

Watchって単なる通知をしてくれる時計ではなくて実はすごかったんだよというお話でした。

それでは今日はこの辺で。

ありがとうございました。