iPad Proをシステム手帳に!?Goodnotes4を使った便利技を紹介します

今回の記事はYouTubeのTomoTVさんの動画を見て触発されて書いた記事になります。

皆さんこんにちは、ナベ(@naoki_watanabe)です。

iPad Proを1年半程手書きノートとして使っていた僕ですが、最近になって初めてiPad Proをシステム手帳として使える技があることを知りました。

寝る前に発見してしまったせいで、はっきり言って眠れなかった(←子供)くらいです。

手順は超簡単、カレンダー画像のPDFをテンプレートとして手書きノートアプリのGoodnotes4に取り込むだけ!

今日は興奮気味にそのやり方を紹介します!!

1. Goodnotes4側の準備

皆さんは最強の手書きノートアプリのGoodnotes4をお持ちですか?

皆さんこんにちは、ナベ(@naoki_watanabe)です。10.5インチiPad Proを購入して約1ヶ月間毎日使い続けることができています。その理由としては手書きメモツールとして大...

有料アプリですが、iPad Proを手書きノートとして使おうとしていてまだ使っていない人はしのごの言わずに今すぐ買ってインストールしましょう。

これ買っとけば問題ない、くらいの完成度の高いアプリです。

さて、iPad Proをシステム手帳として使うためにはまずGoodnotes4側に受け口を作りましょう。

Goodnotes4でマスターカテゴリを作ります。

名前はひとまず”カレンダー”にしておきますか。

そしてカレンダーの中にカテゴリをひとつ作ります。

“2018年”っと。

Goodnotes4側の準備はこれだけです。

2. 良い感じのカレンダー画像のPDFファイルを探してくる

次にカレンダー画像のPDFファイルを探してきましょう。

僕の1番のオススメはソニーのデジタルペーパー用のノートテンプレートのダウンロードページです。

ここですね。

デジタルペーパーユーザーじゃなくても無料でダウンロードできます!

太っ腹!

その中の2018年手帳、あるいは2019年手帳(自分が欲しい年月のものを探せば良し)にある”統合版”が最も素晴らしいかと。

月単位のカレンダーから週、日とリンクで飛べるようになっておりかなり使いやすいです。

ダウンロードというボタンを押して新しいタブで開いたら、ここの共有マークを押します。

そして”Goodnotes4にコピー”を選択。

更には先ほど作成したマスターカテゴリ、そしてカテゴリの2018年を選択します。

これでGoodnotes4にカレンダー画像のPDFファイルを取り込むことができました。

3. Goodnotes4でのカレンダーの使い方

いよいよiPad Proをシステム手帳として使っていく準備が整いました。

ここからは使い方を紹介していきます。

まず開くとマンスリー表示のカレンダーが出てきます。

左右にスワイプすると月が変わります。

続いてデイリーの画面への飛び方です。

やり方はふたつあります。

ひとつめはその日付を長押し→メニューが開くので”リンクを開く”を選択です。

これでデイリーの画面に飛べます。

もしくはここを選択して”書き込み禁止”状態にしてから日付をタップするとデイリーの画面に飛べます。

簡単ですよね???

マンスリー表示に戻るのはここをタップします。

ウィークリーの画面への飛び方もほぼ同様。

マンスリー表示の画面に戻ってWeeklyというところを長押しでリンクを開くか、書き込み禁止状態でタップすればウィークリー表示に飛べます。

簡単ですね。

これでマンスリー、ウィークリー、デイリーと好きなカレンダーに自由自在に行き来できるようになりました。

後は好きなだけ書き込むだけです。

僕は文字だけでお腹いっぱいですが、絵なんかも入れたい人はもちろん自分で書けば良いですが、絵心のない人でも無料サイトから良さげな絵を探してきて挿入すれば楽しげなシステム手帳の出来上がり!

システム手帳作り、意外とワクワクしてきますね。

4. オススメサイトのご紹介!

最後にカレンダー画像やその他画像をダウンロードできるオススメサイトをご紹介しておきます。

まずは先ほど出てきたソニーのページ。

ここのカレンダーを使っておけば間違い無いでしょう。

https://www.sony.jp/digital-paper/support/template/

続いて、シンプルで美しいカレンダーを配布している”ウェブスタジオアラクネ”さん。

https://www.arachne.jp/calendar/

お次はこちらもシンプルなカレンダーを多数配布している”PDF de calender 2”さん。

http://pdc2.u1m.biz

お次は“ツクール.jp”さん。

http://tucool.jp/calendar/

続いて手帳に合うイラスト素材サイトのご紹介。

まずは日本郵便のフリーイラスト集のサイト。

https://www.post.japanpost.jp/life/amusement/downloads/

“イラストレイン”さん。

https://illustrain.com/

“落書きアイコン”さん。

https://rakugakiicon.com/

“ピクト缶”さん。

http://www.pictcan.com/

以上です。

どこも素敵な素材を配布してくれているのでどんどん利用しましょう!

まとめ

Goodnotes4を使ってiPad Proをシステム手帳化する方法をご紹介してきました。

システム手帳にこだわる人ってとことんこだわると思うのですが、iPad Proをシステム手帳化すると書き直しが簡単、どれだけ書いても重くならない、フリー素材を使ってキレイに仕上がる、などメリットがたくさんです。

是非試していただきたいですね!

しかもお値段も少々張るiPad Proだけではなくて、お手頃価格の第6世代iPadでもApple Pencilが使えて使いやすいシステム手帳にできるので、試してみたいけどiPad持っていないよという方でも安心して試すことができます。

入門機としてiPadおススメです!

それでは今日はこの辺で。

ありがとうございました。