Apple信者による1年の振り返り!2018年に発売されたApple製品を振り返る!!

皆さんこんにちは、ナベ(@naoki_watanabe)です。

2018年もいよいよ終わり。

今年も沢山のApple製品が発売されました。

その全てを買えたわけではありませんが、僕も十分に楽しませてもらいました。

せっかくの2018年末なので、今年発売されたApple製品を振り返ってみたいと思います。

いきなり勢いで発表してしまいますが、僕が選ぶ2018年最高のApple製品はiPad Pro(2018年モデル)です!

それを念頭に踏まえて以下を読んでいただけると嬉しいです。

1. MacBook Pro(13インチ、15インチ)

誰もが予想だにしなかったタイミングでの発売となったMacBook Pro。

内容としてはチップを最新のものに置き換えることでのスペックアップ。

15インチは何と6コアのCore i9を積めるようになりました!

ものすごいスペックアップ!

13インチの方はと言うと、Blackmagic eGPUが登場したおかげでそれを使えばコンパクトさとパワフルさを両立できるようになりました!

これはかなり夢が広がるかなと。

今まで13インチはdGPUが無かったせいで真のProじゃないとか言われて迫害されていましたからね。

僕も使っているのは2015年モデルの旧式の13インチMacBook Proですが、これはこれでバランスが良くて好きなのに、真のPro騒動のせいで辛酸を飲まされてきたわけで。

ここに来てeGPUの登場で13インチMacBook Proは一気に輝き出しました。

もう真のProじゃないとか言わせない!!

…ただですよ?

いくらスペックアップしたとは言えTouch Barはまだあんな感じだし、バタフライキーボードも個人的には微妙だしで使い勝手が変わるわけでもなく2017年モデルに対して微妙な進化となっています。

個人的には買い換えるほどじゃないかなと。

AppleがTouch Barの失敗を認めるまでは旧型で耐えしのぎますか!

2. iPhone XS/iPhone XS Max

今年も出ました新型iPhone。

ただし今年は昨年のiPhone Xのマイナーチェンジとなっており、その進化は地味です。

地味過ぎていつもの予約開始タイミングでも死闘を繰り広げる必要もなく全然余裕で予約できてしまったと言う。

この結末を予想して、僕も例年なら新型iPhoneの予約開始日は仕事はお休みするんですが、今年は仕事中にトイレに行ったついでに難なくゲットできてしまいました。

iPhone XS Maxの個人的な感想は詳しくはこちらに書いていますが、正直昨年iPhone Xを購入した人がわざわざ買い換えるほどではないかなと。

Apple信者の僕がこんなこと言う年は珍しいと思ってください。

案の定売れ行きも微妙みたいで今年はAppleにとってもトホホな年となりました。

来年のiPhoneは劇的に進化をして僕らに新しい未来を見せてくれるのでしょうか?

3. Apple Watch Series 4

今年も出ました、新しいApple Watch!

しかも初代以来のフルモデルチェンジです。

これは熱い!

買うしかないでしょ!!って思うんですが、iPhone XS Maxの方に気を取られていて、その素晴らしさに気づいた時には既に遅かった。

お金も既にジリ貧だし、冷静になると無茶してまで買う程のことはないし…

結局買えずじまいです。

何とかして手に入れる手段が無いことは無いですが、年内はどう頑張っても無理なので、ここでは諦めたことにしておきます。

それにしてもビックリしたのが、平日の夜たまたまApple Storeに立ち寄った時にApple Watchのコーナーに若いカップルがそれなりにいて購入を真面目に考えていたこと。

Apple Watchを初代から使っている身としては、Apple Watchって持ってるだけで後ろ指さされるような代物ではなかったのかと。

何一般人まで浸透しちゃってるんですか!

これは地道な性能の進化と今回Series 4でのデザインの刷新が大きいかなと。

特に一般人を惹き付けるのはデザインの方ですが、マジマジと見ると劇的な進化は無いのです。

ひとつずつ非常に地味な変更を繰り返してトータルとして大きく印象を変えてきたなと。

ちょっと丸みを帯びてちょっと薄くなって、ポップなイメージになりました。

そして画面の表示領域の拡大でエッジ部まで表示されるようになった。

手持ちのApple Watch Series 3と比べてしまうとSeries 3がめちゃくちゃダサく感じてしまいます。

Appleのサイトで見た時はそんなに違いがなかったんですがねえ。

実物を見るとその差は歴然。

本当にiPhone XS Maxなんぞ買わずにApple Watchを買っておけば良かったと後悔しっぱなしです。

iPhone XS Maxのこと弄り過ぎな気もしますが(笑)

ああ、Apple Watch Series 4が欲しい!!!!

4. iPhone XR

iPhone5cの再来を思わせるカラフルなiPhone。

売れ行きまでiPhone5cの再来だと困ったことになりますが、見事に同じ道をたどっています。

売れ行きが芳しく無いようで発売間もないのに各キャリアは値下げをしている。

各メディアが名機と煽ってまで売りたかったみたいだけどやっぱり中途半端なんだろうなあ。

iPhoneを購入する層はiPhone XSとかXS Maxに行くと思うんですよね。

廉価版を購入する層とiPhoneを購入する層のイメージが被らない。

iPhone5cの時にそれを学ばなかったAppleさんが恐い。

iPhone XRのために開発された従来の液晶ディスプレイを極限までベゼルを薄くする技術はApple WatchやiPad Proの進化に貢献しているので良しとしましょう。

個人的には思い入れがなく、正直売れてないくらいしか言うことがありません(笑)

そんな機種でした。

5. iPad Pro(11インチ、12.9インチ)

iPhoneの進化が今ひとつパッとしない今年において最も注目されたApple製品だったのではないでしょうか?

僕が選ぶ2018年ナンバーワンApple製品です。

iPhone XRと同じく従来の液晶ディスプレイを極限までベゼルを薄くする技術でとうとうホームボタンがなくなり、見た目がガラッと変わったことで目新しさも倍増しており、話題にはなるは進化をアピールできるはでAppleにとっては良いことづくめ。

確かにユーザー体験としても変わったけど便利になったかと言われるとう〜ん。

この記事でも書いているようにFace IDの恩恵はありますけどね。

ただ見た目がスタイリッシュになったことで所有する満足感が半端なく高まりました。

Apple Pencilもビタッと本体にくっつきますしね。

良くなったのはやっぱり見た目なんだよなあ。

あっ、Apple Pencilの取り回しは良くなってますよ。

上の記事でも書いたように、Apple Pencil関係の進化を堪能したい人だけが買うべきモデルなのかもしれないです。

僕は毎日Apple Pencilを使っているので大満足。

何度も言うけど、Apple Pencilが本体にビタッとくっつくだけでも旧10.5インチiPad Proから買い換える価値がありました。

同じように考えている人が多かったので話題になったのかもしれません。

6. MacBook Air

何年ぶりのフルモデルチェンジなんだろう?

昨年まではレティナディスプレイですらなかったのに。

一気に最新鋭のテクノロジーを引っさげて進化しました。

ただしですよ、個人的にはその真価の方向はMacBook Airの名前にはそぐわないかなと。

ノーマルなMacBookに軽さも薄さも負けているようではAirの名前はふさわしく無いよなあと。

名前を入れ替えた方が良いのでは?

今回の変更でMacBook AirはMacBook3シリーズの中間的位置付けになったと考えています。

性能より軽さと薄さを重視したMacBook。

薄さと軽さより性能を重視したMacBook Pro。

そしてその中間のMacBook Air。

…うん、どう考えてもMacBookとMacBook Airは名前入れ替えた方が良いね!

あまりケチ付けてもアレなので一応褒めておくと、Touch Barという微妙な代物を搭載していないのにTouch IDを搭載しているというところが神ですね。

これはMacBook Proユーザーからは羨ましがられるはず。

Touch IDのために我慢してTouch Bar付きの方の13インチMacBook Proを買っている人もいるでしょうから。

しかしそれにしてもなんて中途半端なモデルなんだ。

僕なら買いません。

どちらかと言うとMacBookが欲しいなあと。

あの軽さと薄さは魅力!

7. Mac mini

ものすごく地味だけどシレッと登場していた新しいMac mini。

話題にも全然ならない。

お安くデスクトップのMacが欲しい人にはちょうど良いモデルなんですけどねえ。

最近はノートタイプの方が人気なので、話題がMacBook Airに全て持っていかれたのが辛いですね。

個人的にはiPad Pro 2018年モデルをMac miniのディスプレイにするというこの記事が気になるので挑戦してみたい気もする。

が、家に自分の部屋がないのでデスクトップのMacは買えないのです。

買えないのです…

デスクトップタイプの良いところはお手軽にハイスペックにできるところなんですけどね。

自分の立場からすると特に話すことのない、むしろ2018年のApple製品の中で最も注目されなかった製品に輝いてしまっています…

8. 9.7インチiPad(2018年モデル)

すみません、肝心なこいつの存在をすっかり忘れて記事を公開してしまいました。

後で思い出して急いで追記しています。(※2018.12.29追記)

こいつの素晴らしいところはとにかく安く(37,800円~)、そしてApple Pencilが使えること、それに付きますね。

恐らくAppleの戦略的にはSurfaceへの対抗として教育用には9.7インチiPadを安く提供し、プロユースを求めている人達には少し値段は張りますがiPad Proを提供するスタイルなんでしょう。

iPad Proを使い倒している自分にとっては不要なものですけど、Appleの戦略的に非常に重要になってくるデバイスだと感じました。

ここまで重要だと来年も新型を出してくるんじゃないかな?

となると今この時期には手を出しにくくなりますね。

発売直後に買った人達が勝ち組って感じですか。

いや、そりゃまあ飛びつきたくなりますよね、この値段で最低限以上の性能を持っているんだもの。

まとめ

まとめてみると7製品 8製品も出ていたんですね。

メインでは7製品 8製品ですが、各種製品のアクセサリも新しいのが出たりしてそれなりに盛り上がった1年でした。

2018年はiPhone的には不発だったけどApple信者としては楽しい1年だったかな。

個人的にはiPad Proが熱過ぎ!

今もこの記事をiPad Proで書いてます。

性能アップよりも見た目が良くなりApple Pencilの取り回しが良くなったことでiPad Proを使うモチベーションがアップしたことが大きい。

これからも仕事にプライベートにガンガン使いますよ!

2018年もAppleファンの皆さまお疲れ様でした。

来年も共に楽しくAppleを追いかけましょう!

それでは今日はこの辺で。

ありがとうございました。