生きるのが辛くなった時の対策!人生のハードルを下げよう!!

皆さんこんにちは、ナベ(@naoki_watanabe)です。

生きるのが辛くなる時ってありますよね。

私は自律神経失調症を過去に患っており、今は完治しているのですが、原因となっていた自分の性格や環境が変わったわけではないのでたまに生きるのが辛くなります。

こんな時どう対応すれば良いの!?

ということで今回はオススメの対応法を紹介します。

答えはタイトルに書いてあるんですけどね。

そう、人生のハードルを下げるんです!

欲張りな性格が人生を辛くしている

私はこう見えて欲張りなんです。

結婚して子どももいますが、独身時代と変わらない楽しみも求めていたんです。

例えば家でゲームをしたりYouTubeを見てゴロゴロしたりね。

当然家事や育児に追われて時間がない中で無理やりゲームをしようとするのでストレスが溜まります。

思うように時間が作れなくて、家事や育児に対して不満が溢れます。

大事な家族のための時間なのにですよ!?

なんとも恐れ多い話です。

私の場合ストレスの原因が明確ですね。

色んなことをやろうとしすぎなんです。

欲張りな性格が人生を辛くしているんです。

人生のハードルを下げるとは?

というわけで欲張るのをやめます。

あれこれしたいことありますが、半分以下に絞ります。

半分以下でもできれば幸せと考えます。

具体的にはゲームは当分やめます。

スプラトゥーン2面白かったのですが、後に残るのは疲れとストレスだけなのでやめます。

後はあれも食べたいこれも食べたいというのもやめます。

ご飯が食べられるだけでも幸せです。

ささやかな幸せを噛み締めて生きます。

あ、ブログは続けますよ!

毎日更新できなくても、時間作ってコツコツ更新していきます。

ブログは私の人生の中で数少ない貴重なアウトプットですから。

まとめ

我が家は夫婦共働きですが、妻が時短勤務をして率先して家事育児をやってくれることに感謝です。

息子が1日健康で過ごしてくれることに感謝です。

そうやってひとつひとつのことに感謝をして生きればストレスが溜まりにくくなります。

そんな地味な人生で良いのかって?

良いんです、少なくとも調子が悪いうちは。

調子が悪いのに欲張ってはいけません。

欲張ってまた自律神経失調症を患ってしまったらそれこそ本末転倒です。

生きるのが辛い時は人生のハードルを下げて、構えを小さくして、厳選されたやることと、小さな幸せを感じながら生きることが大事です。

皆さんももし私と同じように生きるのが辛いと少しでも感じるならば人生のハードルを下げてみてはいかがでしょうか?

それでは今日はこの辺で。

ありがとうございました。