最強のSSRI「レクサプロ」の本当の恐ろしさを語ります

皆さん、こんばんは。

SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)というものをご存知ですか?
脳内にはセロトニンという物質があるのですが、うつ病の人はそのセロトニンの量が少ないと言われています。
SSRIはうつ病に効く薬として、セロトニンの量を多く保たせる効果があるのです。
その中でも、「レクサプロ」という薬は副作用も少なく、最強のSSRIと呼ばれているのです。

そんなレクサプロを私も自律神経失調症を治すために飲んでいます。
うつ病とは違いますが、精神的なストレスが原因で発症した自律神経失調症にもレクサプロが有効なためです。

今日はそのレクサプロが持つ本当の恐ろしさを皆さんにお伝えして、安易にこの薬に手を出してしまわないように警告したいと思います。

レクサプロを処方された背景

これ以上エネルギーを無駄に減らさないようにする薬、そう言って医者は私にレクサプロを処方しました。
エネルギーが枯渇しかかっているので自律神経失調症になったようなのです。
私は神経質で心配性な性格のため、元々エネルギーを浪費しがちだったようです。
レクサプロを飲むと不安が減るため、エネルギーの消費を抑えて自律神経失調症を治す、そういうストーリーでした。

レクサプロとは

レクサプロはSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)の一種で、副作用も少ないため最強のSSRIと言われています。
SSRIとは、セロトニンの再取り込みを阻害する薬、簡単に言えば脳内のセロトニンの濃度を高くする薬です。
セロトニンは人間の精神面に大きな影響を与え、心身の安定や心の安らぎに関与します。
セロトニンが少なくなると不安が大きくなります。
そしてひどい場合はうつ病だったり自律神経失調症になってしまうわけです。

レクサプロには副作用がある

レクサプロは良いことばかりではないことは世間的にも知られています。
副作用があるんですね。
よく言われるのが吐き気、眠気or不眠、性欲減退ですね。
それでも病気が治るならと思ってしまうのが人の心。
ちょっとくらいの副作用なら我慢するつもりになります。
しかし、ちょっとでは済まされない場合もあるのです。

眠気に襲われる

YOTA85 megatukareta15140305 TP V

私が苦しんでいるのは眠気です。
レクサプロで眠気がくるのは仕方がない部分があります。
なぜなら副交感神経を優位にするからです。
セロトニンが増えるからですね。
ただ、日常生活にも支障をきたすような眠気だと問題です。

環境が変わったのがきっかけ

眠気は服用前に注意されました。
合う合わないで程度差もあるので、ひどい場合は申告するようにとも。
レクサプロを服用するようになって、確かに眠気は感じたのですが、残業も規制されてゼロになり早く家に帰ってきていたのと、規則正しい生活を送っていたため、そんなに問題にはなりませんでした。
しかし、治療が進んで残業規制が解除された途端、眠気が恐ろしいことになり始めました。

眠気で何もできない

残業が始まり、生活が乱れて寝る時間も不安定になる。
そうなると、今まで感じなかった程の眠気が体を襲い始めます。
運転している時や仕事中は気が張っているので眠気はほとんど感じません。
ただ、家に帰ってほっとした途端、ものすごい眠気が襲ってきます。
本当に何もできません。
ただただ眠く、頭がぼーっとします。

生活習慣まで変わってしまう

Tsuyoshi 18 TP V

私は元々朝早く起きて活動を開始するタイプだったのですが、今では休みの日は朝起きられません、
仕事の日ですら寝坊したりします。
これはもう深刻な事態です。
そして頭の中を眠気と疲労が支配しているので、無気力状態といっても過言ではない状態になっています。
何に対してもやる気が出ないのです。
こうして、私の中の大事な習慣がどんどん潰されていきました。
毎朝のラジオ体操も、毎日やっていたタスク管理や時間管理、そしてブログを書くことさえも億劫でままならなくなりました。
このままでは人生何も無くなってしまう…
そんな危機感を持って暮らしています。

まとめ

ここまでくるとかかりつけの医者に相談した方が良いですね。
薬だけの問題ではなく、自分の身体、環境、薬、これらが悪いスパイラルに陥ってしまったんだと思います。
産業医に相談して再び残業ゼロに戻してもらうのも手かもしれません。

とにかく、今回私が皆さんにお伝えしたかったのは、安易にレクサプロに手を出さないでほしい、ということです。
病気を治すはずの薬が、薬のせいで新たな病気になる可能性もあるんです。

医者も万能ではありませんから、その人にこの薬が合うか合わないか、絶対に見抜けるわけではありません。
飲んでみてダメだったから別の薬に変える、そうなるのでしょうが、そんな気楽な話ではありません。
患者は元々精神的に追い詰められていて、更に薬で追い詰められるのです。
一刻の猶予もないんです。

ということで、じゃあどうすれば良いんだよという問いに対する明確な答えは出せないですが、飲む場合は覚悟をして飲んでください。
合う人には合うと思います。
私も環境が変わるまでは合ってました。
ちょっとしたことでバランスが崩れると合わなくなることもあるということを知っておくだけで、余計な苦労はしなくなると思います。

それでは、今日はこの辺で。

ありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログへ

にほんブログ村

もし今回の記事が役に立ったと思ったら、ポチッと押していただけると嬉しいです。

私みたいな悲惨な目に遭わないように、普段から自律神経を整えて病気にならない体を作りましょう。