シナジー効果で最高のアウトプットを!働いていて楽しいと感じる時はありますか?

Max16011518 TP V

皆さん、こんにちは。

子どもが生まれると仕事に気が向かなくなります。
早く家に帰って子どもとふれあいたい。
仕事どころではありません。
まあ、元々そんなに仕事が好きではありませんが(笑)

そんな私ですが、仕事中に楽しいと感じることもあります。
今日はどんな時に仕事が楽しいと感じるか。
そんなお話です。

 

仕事は1人では進められない

仕事の種類にもよるかもしれませんが、サラリーマンをやっていると、1人ではなかなか仕事を進められません。
誰かとコミュニケーションを取って、キャッチボールを繰り返しながら何かを仕上げていくことが多いわけです。
そんな中で、自分1人では絶対になし得なかったようなアウトプットが出る時があります。

 

1+1が100になるのがシナジー

こっちが投げたボールに対して、予想外のボールが返ってきたりとか、素晴らしいボールが返ってきたりすると、自分も素晴らしいボールが投げ返せたりする。
その繰り返しで、結果的に素晴らしいアウトプットが出たりするわけです。
1+1が2ではなくて10にも100にもなるというか。
そのような状態をシナジーとでも呼ぶんでしょうか。
このシナジーこそ、仕事をしていて楽しいと感じる瞬間です。

 

シナジーは狙って生み出せる

自分の限界を超えたことができるようになるわけですからシナジーとはすごいものです。
このシナジー、どういう状態の時に発生するのか色々調べてみたのですが、一番参考になったのは「7つの習慣」という本です。
「7つの習慣」によると、自覚・想像・良心・意志の4つの能力と、Win-Winの精神、共感の傾聴のスキル、これらを総動員すれば、最高のシナジーを創り出すことができるそうです。
今回のテーマでは詳しくは説明しませんが、特定の状態になればシナジーは狙って生み出せるようです。

 

シナジーは気持ち良い

私がその状態に達しているかは分かりませんが、シナジーを生み出していると感じる時がしばしばあります。
その時は本当に気持ち良いですよ。
脳汁がビュービュー出るというか。
狙って出せるならいつでも出せるようになりたい。
そんな感じです。

 

まとめ

ということで、今回は仕事をしていて楽しさを感じる時、シナジーについて紹介しました。
私は人と繋がるのが好きなんでしょうね。
誰かとの関わりでシナジーを生み出し時の高揚感は忘れることができません。
そして今日もその高揚感を思い出すために仕事に行くのでした。

それでは今日はこの辺で。

ありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村