話題のカメラ ソニーα9のスペックを冷静に分析してみる

皆さんこんにちは、ナベ(@naoki_watanabe)です。

先日発表されたソニーのα9。

ミラーレスカメラで一眼レフのプロ用のものと互角以上に戦えると評判ですよね。

スペック表を眺めていると確かにとんでもないスペック!

少々お値段が張りますが勢いで買ってしまいそうになるくらい…

いかんいかん!この前5D Mark IVを買ったばかりではないか。

というわけで今回は冷静になってα9のスペックに向き合って、自分にとって本当に必要なカメラかを判断します。

α7 IIシリーズとの違いは連写性能

まず1番気になるのがセンサーのスペック。

α9が2420万画素、α7 IIが2430万画素、α7R IIが4240万画素、α7S IIが1220万画素です。

α9はα7と同等、α7R IIには遠く及ばず、と言ったところですね。

そして次に気になる常用最高感度ですが、α9がISO51200、α7 IIがISO25600、α7R IIもISO25600、α7S IIがISO102400です。

α7S IIとα7 II(α7R II)のちょうど間ですね。

ここまではα7 IIシリーズのカスタム機には得意分野で勝てないけれど良い勝負をしている、くらいの結果でした。

では圧倒的にα9がα7 IIシリーズに優っているのはどこ?と言うと連写性能です。

α9が約20コマ/秒、α7 IIが5コマ/秒、α7R IIが5コマ/秒、α7S IIが2.5コマ/秒です。

α9が圧倒的です。

しかもα9は積層CMOSセンサーを採用していて高速読み出しが可能。

まさに連写のために作られたと言っても過言ではありません。

寸法も重さもα7と IIシリーズとさほど変わらず

その他にα9がα7 IIシリーズに優っているところは撮影可能枚数が増えていたり、SDカードスロットがデュアルになっていたりするのですが、そこは私個人としてはあまりメリットを感じません。

α7 IIシリーズでも十分戦えるスペックです。

α9の健闘を称えたいのはこれだけの連写性能を持ちながらも寸法も重さもほとんどα7 IIシリーズと変わらないと言うことです。

大きさで言うとα9が126.9×95.6×63.0mm、α7 IIが126.9×95.7×59.7mm、α7R IIが126.9×95.7×60.3mm、α7S IIが126.9×95.7×60.3mmです。

重さはα9が約588g、α7 IIが約556g、α7R IIが約582g、α7S IIが約584gです。

こうしてみるとα9ってα7 IIシリーズの連写性能特化版じゃないの?って思いますね。

自分の使い方を想定してα9が買いなのか考える

私はスナップ写真を好んで撮ります。

後は子どもの写真でしょうか。

子どもの写真となると連写性能は非常に重要ですがスナップ写真ではどうでしょうか?

連写性能が高いに越したことはありませんがそれだけで買い換える理由にはなりません。

私が使っている5D Mark IVの連写性能は約7コマ/秒でα9の圧倒的勝利ですが、子どもがいくら動き回るとは言えα9でしか撮れない写真は少ないです。

以上を考えるとα9は買いではありません。

子どもの写真は引き続き5D Mark IVで撮り、スナップ写真にはとりあえず今のM9で凌いでお金を貯めてM10あるいは究極のXシリーズを買う。

これがベストだと判断しました。

M10は値段の次元が違いすぎるけど(笑)

まとめ

以上、α9が私にとって買いか?を考えましたが、結論は買いではないとなりました。

5D Mark IVを買っていなければ子ども写真ようになれたかも…

非常にタイミングが悪かったです。

しかしα9を買うにしてもレンズはキヤノンの方が優れたレンズが揃っています。

それを考えるとおいそれと乗り換えるにはまだ時期尚早ですね。

ソニーにはこれから頑張って優れたレンズを増やしてもらいたい。

それでは今日はこの辺で。

ありがとうございました。