【ファーストインプレッション】見た目良し!収納良し!マンフロット トラベルバックパック MB MA-BP-TRV ブラックを買ったぞ!!

皆さんこんにちは、ナベ(@naoki_watanabe)です。

先日5D Mark IVを買った私ですが、カメラを持ち運ぶ用のバッグを持っていません。

これからガンガンカメラを外に持ち出す予定なのにこれでは困る!ということで、悩みに悩んでマンフロット トラベルバックパック MB MA-BP-TRVを買いました。

今回はまだ外に持ち出す前のファーストインプレッションをお届けします!

なぜバックパックか?

カメラバッグというとバックパックだけでなくショルダーバッグもありますが、ここは迷わずバックパックを選びました。

まだまだ子どもを抱っこしながら移動することが多いので、背負えて重心が安定するバックパックが良いと判断したためです。

重心が安定するというのはとても良いことで、少々荷物が重くなっても重さを感じにくくなります。

子どもを抱っこしなくなってもありがたいことですね。

カメラバッグを買う際のこだわりポイント

バックパックを選ぶ際はおなじみのヨドバシカメラに行って色々と実物を見て決めました。

ポイントは見た目と収納です。

いかにもなカメラバッグという見た目のものは避けたかった(結局三脚とか取り付けたらバレバレなんだけどさ)し、かと言って普通のバッグでは収納力が落ちてしまう。

そして収納を求めすぎてやたらと大きいバッグを買うのも避けたい。

その辺のバランスにこだわりがあったので実物を見ながら選んだのは正解でした。

開封の儀

結局オンラインストアのヨドバシ.comで買いました。

実店舗のヨドバシカメラには気に入った色が置いてなかったんだ!

ヨドバシ.comの梱包はAmazon並みに安心感がありますよね。

さすがは日本を代表するオンラインストア。

基本はAmazonですが、これからも応援したいです。

さて箱を開けていきますよ!

おお!出てきた〜!!!

いそいそと中身を取り出します。

そして登場!

ジャジャ〜ン!!

おお、素敵なデザイン♪

後ろ側はというと

うむ、普通のバックパックだ(笑)

もちろん良い意味でね。

サイドも。

私が求めていたカメラバッグっぽくない見た目という要件は満足していることが分かりました。

既に実物を見て選んでいるので既に分かっていたことではありますが、やっぱり嬉しいです。

収納チェック

続いて収納をチェックしていきましょう。

まず上部に簡単なものを入れられるくらいの収納がありますね。

私なら鍵とか小物を入れますね。

サイドのポケット!

ここにも小物が入れられそうな収納が。

そしてメインとなるカメラ収納部。

開けたら梱包材が入っていました。

赤い仕切りがオシャレですね〜!

中だからちょっとくらい派手な色使っても目立たないので良いですね。

取ってみると…

こんな感じ!

左側がカメラ本体を入れる部分。

もちろんレンズ付きでも入ります。

とりあえず適当に入れてみますか!

5D Mark IV+EF24-70mm F2.8L II USMの組み合わせとEF70-200mm F4L IS USMを入れてみたところ。

余裕で入ります!

まだもう1本レンズ買っても大丈夫そうな隙間が…

隙間があったら埋めたいのが男の性。

こりゃ後で何か買って隙間を埋めるしかないでしょ!

サイドにはまだ収納がありました。

パソコンマークが付いているのでその辺を入れろってことね。

試しにMacBook Pro 2015年13インチモデルとiPad Air2を入れてみました。

全然余裕だ!

トラベルバックパックなので1泊くらいの旅行に持っていくこともあり得るので、これくらい入ってくれると旅行が捗ります。

カメラで写真を撮ってwifiでiPadに転送してすぐに大きな画面で見たり、MacBook Proに転送してLightroomで編集したりできますからね!

こういうの重要!!

後は三脚を入れるところ。

こちらも開けると赤い色が出てきます!

さりげない主張がマンフロットらしい。

三脚は専用のものが入るということですが、専用の三脚なんて持ってないよ〜と。

嘆く暇があったら試しに入れてみろ!

とりあえずハクバさんの小さめの三脚ならバッチリ入りました!!

意外と順応性があって良かったです。

これで花火大会とかにも気軽に三脚持って出かけられますね。

これから子どもと行く機会が増えるのでこれも嬉しい部分です。

イチオシポイント

上記をまとめると、カメラバッグには見えない適度なオシャレさとレンズをつけたままカメラが入るかつ別に交換レンズが2本入る収納力が魅力ですね。

そしてノートPCやタブレット、しまいには三脚まで入ってしまうという。

撮影には欠かせない機材が全て収納できるのが素晴らしい。

ストロボが入るかどうかは私が持っていないので試せません。

ここがイマイチ

イマイチポイントは作りが少し雑ということ。

写真のとおり糸が飛び出ていました。

ファッションブランドではないので仕方がないことかもしれませんが、もう少し丁寧に作って欲しかったですね。

他にもジッパーがどこのものか分からないですが安っぽいです。

そのせいか少しだけ動きが滑らかでないような気も…

まとめ

今回はまだ持ち出す前のファーストインプレッションをお届けしました。

これから梅雨に入ってしまう前に一度持ち出して使い勝手など確かめていきたいてますね。

とりあえず今のところで言うと、ある程度の収納力があるカメラ用のバックパックを探していて、見た目にも少しこだわりがある人にオススメなカメラバッグです。

それでは今日はこの辺で。

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

!?

ありがとうございました…