これだけは子どもに伝えたい!生きる上で大切な3つのこと

ANJU16040317IMG 1087 TP V

皆さん、こんにちは。

子どもの教育についてあれこれやりたいことを考えているナベでございます。
勉強を教えるのも重要だけど、それ以前に生き方の基礎になるものを教える方が重要ですよね。
そしてそれを親が率先して示すことで説得力が増し、子どもにも伝授されていく、と思ってます。

今回は私が子どもに伝えたい生きる上で大切なこと3つを紹介します。

 

挨拶は生きる上での基本

まずは挨拶をきちんとする、です。
挨拶は人間としての基本だと思ってます。
一人で生きていくのは普通は無理なので、色んな人と関わって生きていくわけです。
そうなると挨拶は重要な要素です。
挨拶も出来ない奴を誰も助けようとは思いませんし、普段何気なく挨拶を交わす間柄だからこそ親近感も湧き、良好な関係の土台ができるのです。

 

大事な言葉「ありがとう」

次に重要なのが、何かしてもらった時は「ありがとう」と言う、です。
これも基本ですが、大人になってくると何気にできない人が多くなってきます。
人間関係はキャッチボールです。
何かしてもらったらお返しをする。
そのお返しの第一歩としてお礼を言うのが当然だと思っています。

 

素直に「ごめんなさい」を言おう

そして最後は悪いことをしたと思った時は素直に「ごめんなさい」と言う、です。
これも大人になっってくると言えなくなる人が多いです。
人間関係の基本中の基本だと思うのですが。
プライドが邪魔をするのでしょうか。
謝っても減るものなんてないと思います。
どんなに生意気な奴でも、素直にごめんなさいを言えるのは強いですよ。
そういう人を人は助けてあげたいと思うものです。

 

まとめ

以上の3つが当たり前のようにできるようになるのが大事かと思います。
どれだけ優れた能力を持っていても、3つができなければ人間社会で生きていくのに不利益を被ります。
逆に少々能力が劣っていても、3つができているだけで一目置かれる人間になります。
大事なのは、当たり前のことを当たり前にやる、ことではないでしょうか。

それでは今日はこの辺で。

ありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。
ポチッと押していただけると励みになります。