連休中の帰省!生後2ヶ月の赤ちゃんは車で長距離移動できるのか?

C854 akacyan TP V

皆さん、こんにちは。

ゴールデンウィーク真っ只中ですが、どのようにお過ごしでしょうか?
私は生後2ヶ月の息子を連れて実家に帰省して帰ってきました。
生まれて間もない赤ちゃんを車で長距離移動させるのは心配ですよね。
私もそうでした。
だけど、小児科の先生に相談したりして気をつけるポイントを学んで、大丈夫だと判断して帰省してきました。

今回はその結果と気をつけるポイントについて書いていきます。

 

2時間に1回は休憩しよう

小児科の先生に言われた気をつけるポイント。
それは長くても2時間に1回は休憩する、ということでした。
チャイルドシートに固定されていると赤ちゃんは疲れてしまうらしく、2時間くらいでのびのびさせてやるべき、というわけです。
まあ大人でも疲れますからね。
当然っちゃ当然です。
あ、ちなみに私の実家は車で高速道路を使って2時間ちょっとの場所にあります。
長距離と言っても手頃な距離だとも言えます。

 

ポイントを踏まえた詳細計画を立てよう

ということで帰省の際の詳細スケジュールを立てます。
2時間で休憩を入れるにして、オムツ替えとミルクは間に合うのか?
となると1時間ちょっとで休憩は入れるべきだ、と。
となると渋滞にはまったら終わってしまうので、渋滞予測を入念に確認し、渋滞の発生しない時間帯や日程を選ばなくては。

 

移動は渋滞にはまらないような日時にしよう

実際のスケジュールです。
まずはゴールデンウィーク前の出勤最終日に休みを取りました。
少しでも混む前に移動して渋滞を避ける考えです。
休みが自由に取れない人は、早朝に出発するなど、別の方策を検討するしかないです。
私も世間がまだ休みでない時に移動をしましたが、それでも朝の8時半には出発しました。

 

余裕を持って行動しよう

うちの息子はまだ3時間に1回ミルクを飲みます。
出発直前にミルクを飲ませれば移動中はなんとか持つのかもしれませんが、そう都合の良いようにはなりません。
息子にもミルクを飲みたいタイミングがありますからね。
ということで、今回は大人の休憩やチャイルドシートから解放してやる休憩も兼ねて、10時にはサービスエリアで休憩しました。
赤ちゃんを連れた運転は予想以上に疲れるもの。
大人としてもこれくらいで休憩を挟んだ方が安心だと思いました。

 

30分の休憩でも効果は抜群

休憩中はまず私がトイレに行き、その間に妻が車の中で授乳をしました。
授乳が終わったら妻が息子を連れてトイレへ。
最近のサービスエリアのトイレはおむつ交換台もあるので安心です。
だいだい30分強の休憩でしたが十分にリラックスできました。

 

休憩場所も多めにリストアップしておこう

さあ、休憩が終わったら運転再開です。
うちの実家はノンストップでも2時間強の距離なので、普通ならこの1回の休憩で事足ります。
ただ、大事なのは不足の事態が発生した時でもすぐに対応できるよう、余裕を持ったスケジュールにすることです。
私ももしこの先休憩が必要になったらどこで止まるか、何箇所か考えていました。
結局はもう休憩する必要はなかったんですけど。
3時間ちょっとかけて実家にはたどり着きました。
実家に着いた時には息子はさすがに疲れた顔をしていました。
車の中ではほとんど寝ていたのですが、拘束されるのは辛かったのでしょうね。

 

強行日程にならないよう、滞在時間も長めに

実家には4日間滞在しました。
あまり強行日程だと私も息子も疲れてしまうとの配慮です。
私の実家に長くいると、一番心配なのが妻のストレスですが、妻が4日間の滞在を勧めてくれました。
私の目から見て私の実家の両親と妻は上手くやれているように見えるので、大丈夫だったのでしょう。
それでも余裕を持ったスケジュールにするためには妻の協力も必要です。

 

帰りの移動も渋滞を考慮しよう

帰りの日程も連休の合間の比較的交通量が少ない日の午前中にしました。
おかげでトラブルもなく無事に帰ってこれました。
運転はちょっと疲れましたし、息子もとても疲れたようですが、私は実家でゆっくりできたし、妻も家事をせずに済み、ゆっくりできたと思います。
息子もおじいちゃんおばあちゃんにいっぱい遊んでもらって楽しかったかな?と、非常に有意義な帰省だったと思います。
今回で自信がついたので、次の帰省も同じように上手くやりたいと思います。

それでは今日はこの辺で。

ありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

もし今回の記事が役に立ったと思ったら、ポチッと押していただけると嬉しいです。