子どもが生まれて変わったことを整理してみた

PAK95 gussurinemuruanjyu thumb autox1500 15703

皆さん、こんにちは。

子どもが生まれるまでは普通にやっていたことでも、子どもが生まれたらやらなくなった、やれなくなってしまったことがいくつかあります。
それくらい子どもが生まれるということは大きなことなのですね。

そこで今回は、子どもが生まれて変わったことを整理することで、子どもがいない人が子どもができたらどんな生活になるのか想像しやすくしてみました。

 

夜寝るのが早くなった

まずはこれでしょう。
生まれたばかりの頃は夜中でも構わず3時間おきに起きてミルクをせがみます。
親としてもまともに眠れません。
ということで睡眠時間の確保のために早く布団に入るようになりました。
ある程度成長して夜はぐっすり寝てくれるようになりましたが、その分朝も早く起きるようになってしまったので、付き合って早く起きるので、結局は早く寝ることになってしまいました。
健康的な生活になりますね。

 

テレビを見なくなった

テレビ、見なくなりましたね。
元々あまり見ないですが、大好きだったそこまで言って委員会とか世界の果てまでイッテQ!とかですらほとんど見なくなりました。
どうせテレビに集中させてもらえないし、イッテQ!に至ってはその時間は子どもが寝ているので静かにしているのでテレビはつけないし、で本当に見なくなりましたね。
結果的には何にも困っていないんで問題ないです。

 

爪切りを頻繁にするようになった

めっちゃ地味な話ですが、本当にこまめに爪を切るようになりました。
子どもを傷つけてしまったら困りますからね。
切りすぎて常に深爪寸前状態です(笑)
元々は結構アバウトな性格で、かなり伸びてから慌てて切るタイプだったのですが、子どものことになったら人間性格が変わるようです。

 

まとめ

ということで、今回は子どもが生まれて変わったことを3つ紹介しました。
どれも子どもが生まれる前は想像できなかった変化です。
良くも悪くも、子どもが生まれるということは人生を変える出来事なのですね。

それでは今日はこの辺で。

ありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

もし今回の記事が役に立ったと思ったら、ポチッと押していただけると嬉しいです。