チャレンジ企画!仕事が忙しいお父さんは週に何時間育児に関われるのか!?

皆さん、こんにちは。

このブログ、一応育児ブログのはずなんですが久しぶりに育児ネタで攻めます。

最近は父親の育児参画への重要性が認知され、育児頑張ろうというお父さんも増えて来たはずです。

私も妻が妊娠した時から育児に積極的に関わろうと考えていました。

しかし平日仕事で帰るのが遅いお父さんの場合、家に帰っても既に子どもが寝ているため、平日は全く育児に関われません。

私も同様の境遇です…

でも諦めてはいけません。

1分でも1秒でも良いから少しでも長く関われないのか?

今回はそんな思いを胸に、なんとか試行錯誤して育児時間を稼ぎ出す!というチャレンジ企画について書いていきます。

そもそも平日帰りが遅い…

平日帰りが遅いといっても人によって帰る時間は千差万別だと思います。

それこそ酷い人は日付が変わってからしか帰れない人もいるでしょう。

そんな中では私は恵まれている方で、20時には帰れることが多いです。

でも、その時間に帰れても結局子どもは寝てるんですよ!

育児という観点では中途半端な早さは全く役には立ちません…

休日があるだけマシとポジティブに考える

でも私はほぼ確実に土日は休めます。

土日も休めない人もいる中でそれは恵まれていると思います。

おかげで土日で頑張れば育児時間が伸ばせるじゃないですか!

育児のチャンスを与えてくださった神様に感謝です。

土日だけでどこまで育児時間が伸ばせるか?

とは言え私も人の子、土日の全てを育児に費やすと死んでしまいます。

1人時間も欲しいし、育児以外の家事もしないと妻に怒られてしまう。

育児は頑張るけど、他の生活にも支障をきたさない程度に頑張る。

そんなスタンスでいきたいと思います。

育児時間の記録はたすくまで

今週から毎週日曜日から土曜日までの1週間で何時間育児時間が取れたか確認していきます。

使用するツールはこのブログではおなじみのたすくま

育児のプロジェクトを作っておけばプロジェクト毎の合計時間が表示できて一目瞭然です。

まとめ

平日は育児時間が取れないので、土日だけでどこまで育児時間が伸ばせるかチャレンジしたいと思います。

育児一本というよりは、日常生活に支障をきたさない常識的な範囲で挑戦します。

記録はたすくまで残します。

1週間のタスクの分析機能がとても便利ですから。

これからブログで定期的に記録を報告していきます。

ツイッターでもしばらくの間毎週日曜日に結果を報告する予定です。

それでは今日はこの辺で。

ありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログへ

にほんブログ村