理想の育児を目指す!寛大な気持ちを持って子どもと接するための2つの行動

皆さん、こんにちは。

育児って色々大変ですよね。

親になるときには理想の育児を目指そうと思っていても、子どもの行動は大人には理解できないことも多く、子どもに振り回されっぱなしです。

そしてついにはイライラして怒鳴りつけてしまう。

そんなことはありませんか?

今回は子どもに寛大な気持ちを持って接するための行動についてまとめてみます。

どうして余裕が無くなるのか?

人間たるもの皆何らかの段取りを持って育児をしていると思います。

しかし子どもは予想外の行動をするので段取り通りにはいかない。

そうなるとどんどんストレスが溜まってきて、ついには子どもに爆発させてしまう。

要するに自分の思惑をことごとく崩されるから余裕が無くなるのです。

余裕を持ち続けるには

ズバリ、自分に自信を持てるようになるしかありません。

ただし自信と言っても「俺はすごい!」とかそういうのではありません。

どんな状況になっても対応できるだけの能力が自分にあることを信じるのです。

つまり、何が起こっても平気、という状態です。

そうなればもうイライラしなくなります。

イライラしなくなる具体的な方法

そんな夢みたいな状態、どうやったら目指せるのでしょうか。

まずは騙されたと思ってこの記事に書いてある2つの行動を実践してみてください。

効果がある順番に紹介していきます。

大事なのは実践、しかも継続しての実践です。

長く続ければ続けるほど効果が出てきますよ!

何と言っても瞑想がナンバーワン!

最近はやりの瞑想です。

マインドフルネス、と言った方が現代的でしょうか?

自分の呼吸に集中し余計な思考を止める。

そして自分を世界をとことん客観視する。

本当に効果があるの?

瞑想なんて宗教じみて怪しい。

そんな声も聞こえてきそうですが、やれば分かりますが本当に効果があるんです。

心が落ち着き、客観視ができるようになる瞑想

瞑想の具体的なやり方について細かいことを書くといくらでも記事にできるくらいなので詳しいやり方は別途書くとして、具体的な効果を書くとまずは心が落ち着きます。

妙に心が静かになってきたら瞑想の効果が出てきてますよ。

次に感じる効果は客観視ができるようになります。

自分のことなのに冷静に客観的に考えられるようになります。

この時点でイライラする時間が極端に減っていることに気づくはずです。

引き続き瞑想をやっていくとどんどんいろんな効果が出てきますが、この時点で今回のテーマであるイライラしないが達成できてます。

瞑想は驚きの効果です。

タスク管理で心の余裕を持つ

次にイライラ防止効果があるのがタスク管理です。

タスク管理についてはこのブログのメインテーマの一つとして取り扱っていて、これまでもたくさん記事を書いてきましたが、自分をコントロールできてる感がすごいです。

何しろ今自分が何をすべきで、何のためにこれをやっているのか、全てが分かる安心感。

この安心感でイライラしなくなります。

タスク管理はGTDやタスクシュートにこだわらない

ただ瞑想よりも難易度が高いかもしれません。

GTDとかタスクシュートとか言われても、普通の人なら???ですよね。

大丈夫です。

TO DOリストでもスケジュール管理でも良いので、自分にとってしっくりくる方法でやりましょう。

それだけで自分をコントロールできてる万能感があなたを包みます。

もし自分にとってGTDが必要になった時は自ずとGTDについて学び、実践したくなりますから。

まとめ

というわけで今回は子どもと接する時にイライラしないための行動を2つ紹介しました。

瞑想とタスク管理です。

どちらも一朝一夕でできるわけではなく、毎日の習慣にして初めて効果が出てくるものです。

とにかく騙されたと思って最低1ヶ月は続けてみましょう。

何か兆しが見えてきたら儲けもの。

効果がなかったら私を恨んでもらって結構です。

もちろん解説してる私もまだまだ完璧ではなく、状況によってはたまにイライラしてしまいます。

ですがイライラしている時間が減ったのは間違いなく、子どもと過ごす時間も充実しています。

少しでも皆さんの時間が充実する手助けになると幸いです。

それでは今日はこの辺で。

ありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログへ

にほんブログ村