仕事にiPadを使う!職場に10.5インチiPad Proを持ち込む上での注意点3つ

皆さんこんにちは、ナベ(@naoki_watanabe)です。

私は先日から10.5インチiPad Proを職場に持ち込んで手書きメモマシンとして活用しています。

これで紙のメモを撲滅することができます。

しかし様々な職場環境がある中、何も考えずにiPadを職場に持ち込むのは危険です。

今回は10.5インチiPad Proに限らずiPadを職場に持ち込む上での注意する点についてご説明します。

1. 就業規則で持ち込みが禁止されていないか

これめちゃくちゃ重要です。

就業規則で持ち込みが禁止されていたら終了です。

それに気づかず持ち込んだら致命傷。

下手すりゃ処罰されます。

ですのでiPadを持ち込む前によく自分の会社の就業規則を確認しましょう。

私の会社は個人PCの持ち込みは禁止されていますが、スマートフォンやタブレットは禁止されていません。

PCとタブレットの何が違うんだと思ってしまいますが、明確に書かれていることなので堂々と10.5インチiPad Proを持ち込んでいます。

Gori0I9A3183072105046 TP V

2. iPadを職場に持ち込むことについての周囲の理解があるか

いくら就業規則で持ち込みが許可されていても、周囲の目は意外と厄介です。

仕事中に遊んでいると考える人がいるかもしれません。

特に上の方にそのような考え方の人がいると大変です。

評価は下がるでしょうし下手すりゃ無理やり持ってこれなくされるかもしれません。

日本人って古い考えの人が多いから、それでいて頑固で強引な人が多いから大変なんです。

人の目なんて気にしなければいいじゃん、と思うかもしれませんが、自分が気にしなくても向こうから突っ込んでくるんですよ。

私の場合は心無い人に「通報してやる!」と言われました。

就業規則で許可されていると反論すると悔しそうに引き下がりましたが、こんな考えの人はどこにいるか分かりません。

とにかく持ち込むときは慎重に周囲の理解を確認しましょう。

すでに先駆者がいて持ち込んでいるとなると判断しやすいですね。

PAK25 konnaipadkowasu TP V

3. 関連会社での持ち込み規制はないか

関連会社への出張が多い人には重要な問題です。

私の場合お客さんが持ち込み禁止にしているんです。

スマートフォンを含めてカメラがついている端末がアウトみたいです。

これに関しては事前に知っていたので、お客さんのところに行く時はiPadは置いていきます。

その際は紙のメモ帳にメモをし、家に帰ったらその紙のメモをiPhoneのカメラでスキャンしEvernoteに保存して紙のメモは捨てます。

これでiPadが持ち込めない状況があっても保管としては完全電子化が実現できます。

後は規制はされていませんが、自社も含めて製造現場に出ることが多く、iPadを持ち込むのが躊躇われることも多いです。

その時もおとなしくiPadは諦めて紙のメモで対応します。

大事な大事なiPadですから汚れたり壊れたりするのは嫌ですからね!

GREEN20160902090216 TP V

まとめ

今回はiPadを職場に持ち込む際に注意することを3つ紹介しました。

iPad Pro+Apple Pencilは非常に便利でiPadで手書きメモが快適に書けるため、職場に持ち込んでも十分に活躍できます。

しかし職場の規則だったり環境で持ち込めなかったり持ち込むのを躊躇うような状況もあります。

皆さんは持ち込む前に十分に注意して、何の問題もないもしくは問題への対処が決まってから持ち込んで、快適なiPad生活を堪能しましょうね。

それでは今日はこの辺で。

ありがとうございました。