懐石料理の隠れ名店「温石(愛知県岡崎市)」でお昼のコース3,500円を食べたらめちゃくちゃ美味しかった件

皆さん、こんにちは。

たまには子どもを預けて夫婦2人でゆっくりお昼ご飯が食べたい。

そう考えて定期的に色んなお店を試しています。

何度でも試せるくらい愛知県には気になるお店がたくさんあります。

今回は愛知県岡崎市の住宅街にひっそりと佇む懐石料理のお店「温石」に行ってみて想像以上に良かったので報告します。

どうして温石を選んだの?

懐石料理のお店といえば老舗のお店がハズレがなくて良いのかなと考えがちですが、最近は比較的新しいお店でも名店と呼べるようなお店がたくさんあります。

今回訪れた「温石」もそのうちの一つです。

お店の近所をよくウロウロしているのですが、住宅街の中という懐石料理のお店があるとは思えない場所にひっそりとあるので前から気になってました。

インターネットで調べてみると懐石料理の名店らしい。

いつかは行ってみたいと思っていましたが、この度とうとう予約してお昼ご飯を食べてきた次第です。

選んだのはお昼のコース(3,500円)

お昼は元々お弁当だけしか選択肢が無かったのですが、いつの間にかお昼のコース(3,500円)も追加されていました。

せっかく行くならということで予約時にお昼のコースを選びました。

そんなに大きくないお店なので、予約してから行くのがオススメです。

私が訪れた日は予約だけで満席でした。

料理の味は当然美味しいが綺麗な器が印象的

それではお料理の紹介でも。

とは言っても食材には疎いので、説明は受けたのですが何を食べてるのかよく分かってません(笑)

まずは先付。

真ん中の白和えが特に美味しかった!

器もおしゃれなのが何気に良いです。

次は椀物。

しまった。

器の蓋の写真が無かった。

蓋がめちゃくちゃおしゃれだったのが印象的でした。

メインの食材がホタテでとても美味しく調理されていました。

出汁も美味しかったなあ。

その次は向付。

これまた器がおしゃれ。

器ばかり褒めてますが当然のごとく料理も美味しいです。

続いて茶碗蒸し。

またもや器が(ry

カキが4つも入っていてかなりの満足感。

もちろん味も絶品。

茶碗蒸しの上層にとろみがあるのが新鮮。

その次はメインとなる焼き魚。

鰆ともずくかな?

まず鰆がめちゃくちゃ美味しかった。

臭みもなくこんなに美味しく焼くのってどうやってるのだろうか?

調理が上手いのか前処理が上手いのか…?

更にはもずくの美味しいこと。

たかがもずく、されどもずく。

最後はいよいよお食事です!

私の大好きな鮭茶漬けが登場。

鮭がゴロゴロ美味しいだけでなく青のりも良い味出してる!

最後の最後で完全にとどめを刺されました。

デザートは自家製の胡麻プリン。

大きなイチゴも2つも乗ってます!

プリンよりも大きいし!!

肝心のプリンは胡麻ペーストが効いていて美味しかったです。

感想まとめ

感想としてのまとめは、器や小物の1つ1つがおしゃれで居心地が良い空間を提供してくれているということ。

お料理の器は先程から褒めっぱなしですが、お茶の入った急須やテーブルに敷いてある敷紙もおしゃれ。トイレですら色々と気遣いが行き届いています。

お料理が美味しいことは名店と呼ばれるにはある意味絶対条件ですが、細かく行き届いた心遣いが嬉しくて、正直なところ節目節目で何度でも行きたいと思わせてくれる程でした。

私が自信を持って皆さんにオススメできるお店です。

特に岡崎市に住んでいらっしゃる方は行かなきゃ損ですよ!

あまりお店が大きくないのですぐに満席になってしまうのがたまに傷。

その分一人一人に対して心を込めて対応してくれるので良いんですけどね。

私が訪れたのは月曜日の昼でしたが満席状態。

これは予約して行くしかないですね!

お店情報

店名:温石

ジャンル:懐石料理

所在地:愛知県岡崎市井内町西浦42-1

営業時間:11:30〜14:00、17:00〜22:00

定休日:日曜日

それでは今日はこの辺で。

ありがとうございました。