大腸内視鏡検査体験レポート!

皆さんこんにちは、ナベ(@naoki_watanabe)です。

連休前のことになりますが、大腸内視鏡検査を受けてきました。

要するに腸の中をカメラで確認する検査ですね。

聞くだけでなんだか大変そうな検査だと分かると思いますが自分の中では忘れられない体験になりましたので、ここでレポートを残します。

人生何がきっかけで大腸内視鏡検査を受けるか分かりません。

その際の参考にしていただけたら幸いです。

大腸内視鏡検査を受けることになった契機

まずどうして私が大腸内視鏡検査を受けることになったのかと言うところからですが、会社の健康診断の便潜血検査で陽性反応が出たためです。

この検査、陽性になると大腸ガンの疑いがあると言うことで精密検査、大腸内視鏡検査を指示されます。

私はまだ35歳なのですが、もう大腸ガン!?とびっくりしてしまいました。

ただ、便潜血検査で陽性が出たとしても必ずしも大腸に何かが起こっているとは限りません。

単なる痔の出血でも陽性になってしまうからです。

私は痔持ちなのでそれを疑ってはいましたが、万が一にも何かあってはいけないので大腸内視鏡検査を受けました。

大腸内視鏡検査は準備が大変!

大腸内視鏡検査には準備が必要なんです。

細かいところは病院によって違うと思いますが、私が検査を受けた病院での準備は下記の通りです。

  1. 前日の食事制限
  2. 当日の腸内洗浄

では1番から順番に振り返ってみましょう!

前日の食事制限が辛い

検査の準備は前日から始まります。

当日スムーズに腸内洗浄できるように、消化に良いもなだけを食べるように指示されるんです。

消化に良いものと言うと何があるのかと言うと、食パンとか素うどんとかですね。

世の中には検査食と言うものも市販されているみたいで、それを買って食べるのも良いでしょう。

私は朝からひたすら食パンとロールパンを食べていました。

準備が楽なんでね。

しかし1日の食事が全て食パンとロールパンなのは悲しくなります。

もっと色んなものを食べたい!

これまで好きなものを食べてこれた人生がいかに幸せだったかがよく分かりました。

食事の内容を制限されるのは本当に辛いです!

しかし本当の辛さはこの後検査当日に待っていたのです…

当日の腸内洗浄が辛すぎる

検査当日はひたすら腸内洗浄です。

まずは前の晩に錠剤の下剤を飲みます。

ただあくまでもこれは補助。

当日の朝病院に行って出されるのは液体の下剤と水。

これをひたすら飲んで腸内にあるものを全て出しきるのが腸内洗浄です!

当然当日は検査が終わるまで朝から何も食べられません。

前日のパンだけの方がまだマシだった!

私が飲んだ液体の下剤はモビプレップと言うものでした。

液体の下剤は味がすごく不味いと言う噂でしたが、モビプレップはそこまででは無かったです。

少し不味いポカリスエット!?みたいな味でした。

ただし飲まなければいけない量が多くて辛いのです。

まずモビプレップ200mlを10分かけて飲みます。

そしてもう一度モビプレップ200mlをまたもや10分かけて飲みます。

そうしたら今度は水200mlを10分かけて飲みます。

これが1セットですね。

とりあえずは全部で3セット、トータルでモビプレップ1200ml、水600mlを飲むことになります

お腹がはちきれそう!

そして3セット終わっても便が水状のもののみにならなければまた3セット頑張らなければいけないという恐怖。

私はなんとか最初の3セットで完了して助かりました…

ただしそれでも辛すぎました。

とにかく飲んでトイレに駆け込んで、どんどん水状になっていく便。

それでもまだカスが一緒に出てくるので腸内洗浄としては不十分。

とにかくひたすら出すのを繰り返します。

8回くらいトイレに駆け込んでようやく完全な水状の便になりました

正直言って地獄です。

最後は看護師さんを呼んで便を見てもらってオッケーをもらわなければいけないという羞恥プレイもセットです。

二度と忘れられない経験になってしまいました。

鎮静剤のおかげで検査はあっさり

腸内洗浄が完了したらいよいよ大腸内視鏡検査です。

ここで病院によって違ってくるのが、鎮静剤を打つところと打たないところがあります。

私の行った病院では希望者には鎮静剤を打ってもらえます。

私は痛みに弱いので迷わず鎮静剤を打ってもらいました。

肝心の大腸内視鏡検査の中身ですが、検査室に入って鎮静剤の注射を打ちます。

そしていよいよ大腸内視鏡検査開始、なのですが…

なんと私、鎮静剤を打った後からの記憶がございません

鎮静剤の効果でいつの間にか眠っていたみたいで、目が覚めたら大腸内視鏡検査が終わっていたどころか1時間経っていました

目が覚めてもとりあえずまだフラフラするので病院でしばらく休憩。

その間に病院内で食料を買い漁りひたすら食べてました。

大腸内視鏡検査の結果は?

実は結果はまだ聞けてません。

検査結果を聞くためには1週間以上後にもう一度病院に行かなければならないためで、スケジュールを調整中です。

ですが検査中にポリープを見つけたらその場で切除するようにお願いしてあったのと、ポリープを切除したら問答無用で一晩入院と言われていたにも関わらずその日のうちに帰れたので大きな問題はなかったものと考えています。

まとめ

大腸内視鏡検査を初めて受けましたが、なんだかんだで大変だったのは準備だけで本番は鎮静剤のおかげでなんの苦労もなく検査を終えることができました。

少し費用はかかりますが、皆さんも大腸内視鏡検査を受けるなら鎮静剤ありの病院をお勧めします。

胃カメラとかでもそうですが、体の中にカメラを入れるのは痛みを感じる人は感じるので。

そして便潜血検査で陽性反応が出た方は速やかに大腸内視鏡検査を受けましょう

恐いから受けないという方も多いらしいのですが、確かに検査準備が地獄ですが本番は鎮静剤ありならあっさりだし、万が一にも大腸ガンがあったらということを考えると検査準備の苦しみなんて大したことありません。

副次効果としては検査のために腸を綺麗にするので、その後から腸の調子が絶好調になります!

ご飯も美味しく食べられますよ!!

というわけで大腸内視鏡検査の体験レポートでした。

それでは今日はこの辺で。

ありがとうございました。