感動!!賃貸から持ち家に引っ越したら6つの点でお風呂がグレードアップした

皆さんこんにちは、ナベ(@naoki_watanabe)です。

先日3年半住んだ賃貸マンションから新築の分譲マンションに引っ越ししました。

引っ越し直後なのでまだまだ勝手が分からず苦労も多いのですが、分譲マンションならではのコストのかかった設備が想像以上に快適で、早速幸せを噛み締めています。

特にグレードアップしたのがお風呂です。

お風呂がグレードアップすると疲れも取れて生活にハリが出ますよ!

というわけで今回は6つのグレードアップした点を紹介します。

1. 浴室が広くなった

間取り図を見ると浴室のところに"1216"とか"1616"とか書いているのは何だと思いますか?

この数字が浴室の広さなんですね。

1216だと1200mm×1600mmということ。

私が前住んでいた賃貸マンションの浴室の広さは1216でした。

賃貸マンションだし一昔前の物件なのでまあこんなもんかなと言った感じです。

1人でお風呂に入る時は良いですが、子どもを連れて入ると少し狭い。

子どもが2人になるともう無理。

今回引っ越した分譲マンションは何と1620

浴室がめちゃくちゃ広いです。

これなら親と子ども2人でも余裕で入れる、素晴らしい!!

2. バスタブが広くなった

浴室が狭いとバスタブも小さいんです。

まあの賃貸マンションではバスタブが小さくて脚を伸ばすことができませんでした。

何で三角座りしてなきゃいけないんだ!

今度の分譲マンションでは浴室が広いのでバスタブも十分な大きさです。
足をピンと伸ばして入れるんですよ!

たったこれだけのことなのに感動です!!

3. 乾燥機能付き

お風呂の困りごととしてカビがあります。

梅雨時とかはお風呂が十分に乾かないためにカビが蔓延します。

1度カビが生えてしまうと掃除が大変なんですよね。

衛生上もあまりよろしくない。

小さい子どもがいるから気になってしまいます。

しかしその点も今回の分譲マンションなら大丈夫です!

24時間換気システムが付いていてずっと乾かしてくれているのですが、それだけではなく浴室乾燥機能も付いているんです!!

これがあればお風呂から出て寝ている間にずっと動いていてくれてお風呂をカラッと乾かしてくれます。

水残りはほとんど無し。

カビが生える隙もありません!

しかも乾燥したら勝手に通常の24時間換気モードに切り替わる優れもの。

こいつは便利だ♪

更にこの乾燥機能を使えば雨の日とか外に洗濯物が干せない時でもお風呂で洗濯物が乾かせてしまうんです。

いやあ、便利な世の中になりましたね。

4. リビングからお湯が張れる

一旦バスタブに世話をする必要(これは流石に遠隔操作は無理)がありますが、お風呂だけでなくリビングにもお風呂のリモコンがあるので、リビングからお湯が張れます。

何かのついでにサッとお風呂の準備ができますね。

ついでに言うとお湯を張るついでに浴室の暖房をオンにしたりもできます。

寒い冬は暖かくしておいてからお風呂に入ると安心です♪

5. ヒーリングミュージックが流れる

もはやどうでも良い機能と思われるかもしれませんが、こいつは意外と癒し効果抜群ですよ!

私のお気に入りは"さざ波"。

海辺の温泉にでも行ったかのような気分にさせてくれます。

家に居ながらにして同等の癒し効果が得られるなんて凄くないですか!?

お風呂場でリラックスできるとその日の疲れも吹き飛びますよ!

6. ミストサウナまで

滅多に使う機能ではないかもしれません。

私もまた使ったことはありません。

しかしいざという時に、例えば疲れが極限状態になっている時に使えば効果は抜群!

めちゃくちゃリッチな気分に浸れます。

ホントに贅沢な機能ですよね♪

まとめ

賃貸マンションから分譲マンションに引っ越すとやはりコストのかけ方が違うのを実感しました。

たかがお風呂と言われるかもしれませんがされどお風呂。

日本人はお風呂でゆったり過ごすのに幸せを感じますよね。

私もそうです。

お風呂の機能のためだけに持ち家を購入するのは馬鹿げていますが、購入しようかどうか迷っている人の最後の一押しにはなるんじゃないですか?

皆さんの検討材料の一つとしてお役に立てると幸いです。

それでは今日はこの辺で。

ありがとうございました。