iPad Pro 2018年モデル+REALFORCEで魅惑の最強贅沢文字打ち生活を体験してみた

皆さんこんにちは、ナベ(@naoki_watanabe)です。

iPad Pro 2018年モデルを買って以来、どんなキーボードで文字を打とうかということばかり考えています。
キーボードさえお気に入りのものを使えば超快適に文字が打てるだけのスペックがiPad Proにはある、と言うことなんですね。
そして結論としては持ち運びと文字の打ちやすさのバランスを考えてMagic Keyboardを使うと言う答えにたどり着いたんですが、実は場所限定でもっと魅力的なキーボードが使えることに気づいてしまったんです。
そのキーボードの名前はREALFORCE。
そう、知る人ぞ知る最強のキーボード。
どちらかと言うとHHKB BTの方がiPad Proのキーボードとしては話題ですが、負けず劣らずの最強キーボード、それが職場のデスクの上にはあったんです。
そのREALFORCEがiPad Proで使えることを閃いた僕は早速試してみました!

結論から言うと最高に魅力的な病み付きになるくらいの文字打ち体験を経験させてくれました。

今回はiPad ProでREALFORCEを使う方法のご紹介と、iPad ProでREALFORCEを使ってみたら戻れなくなるくらいの快適さだった話をお伝えします。

1. iPad ProでREALFORCEを使う方法

REALFORCEを使うことができるiPad Proは2018年モデルだけです。

なぜかと言うと2018年モデルにだけはUSB Type-C端子があるからです。

REALFORCEにはUSB Type-A端子がありますから、Type-A to Cの変換アダプタをかましてやると何とiPad ProにREALFORCEがぶっ挿せてしまうんですねえ。
素晴らしい。
そしてただ挿せるだけではなくてキーボードとして認識し使うことができます。
まさかBluetooth接続のHHKB BTではなくて有線接続のREALFORCEをiPad Proで使える日が来るなんて思いもしなかった…

2. スコスコという打鍵感は説明するまでもなく最高!

今回iPad Proにぶっ挿してみたREALFORCEは僕が職場のPCで使うために自前で用意したキーボードなんですねえ。
仕事で使う道具は少しでも良いモノを使いたくて、持ち込んでもOKなものは積極的に自前で用意しています。
REALFORCEと言えば一般的なメンブレン方式やパンタグラフとは異なり、静電容量無接点方式という特殊な構造故にその打鍵感が魅力的で有名な、知る人ぞ知るキーボードです。
打鍵感を説明すると、一般的なノートPCのキーボードって打つとペチペチとした音がしますよね?

それに対してREALFORCEはスコスコ!という音がします。

音だけでなく感触としてもなんとも言えない快感を味わうことができます。

某YouTuberがHHKB BTの打鍵感を”今までAカップのおっぱいしか知らなかった男がEカップのおっぱいを揉んだ時のような体験”と説明していましたが、まさにそんな感じ。

キーボードを叩いているだけなのに病み付きになる感触で、そこが人気のポイントです。
と言うことでiPad Proで使う以前に最高のキーボードですわ。
これをiPad Proで使うというめちゃくちゃ贅沢な体験。
試した感じを早速レポートしましょう!

3. REALFORCEをiPad Proの文字打ちに使ってみる!

職場のノートPCからREALFORCEを抜いて、USB Type A to Cアダプタを取り付けて、iPad Proにぶっ挿す!

何の反応も無いので認識しているか分からないけれどとりあえずキーを叩いてみる。

反応した!

相変わらずこのスコスコという打鍵感、快感である。
いつも使っているMagic Keyboardとは全く異なる打鍵感。
そもそもストロークが全然違う。
Magic Keyboardはストロークが浅い。
浅いので動きが抑えられて疲れにくくなると言う発想。
でも結局は机の反動がそのまま帰ってきてしまって疲れるんですよね。
REALFORCEはストロークが深い。
僕が使っている奴は45mmもあってなかなか良い感じ。
深ければ良いって訳でもないけれども疲れにくさと言う意味では丁度良い塩梅になっている。
スコスコスコ…
最後まで押し込まなくてもキーは反応する。
それでも最後まで押し込みたくなる何かがそこにある。
これは気持ち良い。
いつも職場のWindowsノートPCで文字を打つのに使っていて既に馴染みのある打鍵感だがiPad Proで使うとまた違った印象を持つ。

これは良い!

iPad Proだからと言うよりUlyssesでブログを書くのに使用しているからかもしれない。
スイスイ言葉が浮かんでくる。
いや、浮かんでくる前に文字を打っていると言う感覚が正しい。

これは無駄なことも含めてひたすら文字を打ちまくれるぞ!(←無駄なことはやめぃ)

それにしてもキーの押し心地の気持ち良さ。
何と伝えれば良いのだろうか。
何とも言えない絶妙な柔らかさ。
単なる空気を押しているのとは違う、少しだけ抵抗があるけど滑らかなこの感じ。

ああ〜打っているだけで昇天しそうになる…

REALFORCEの良さは完全に主観的なものになるので、文字だけで伝えるのが非常に難しいのですが、今回の記事の無駄な文章の多さから汲み取っていただけたらと思います。
本当に無駄に文字を打ちたくなるんだ!
お値段は2万円以上と少し高いですが、得られる文字打ち体験は値段以上のものがあります。
もしREALFORCEが気になっていて、躊躇っているのが値段だけだとしたら絶対に買うべきです!
それくらい良いものに仕上がっています。

4. REALFORCEの悪いところ

とべた褒めで終わるのもアレなので、最後にREALFORCEの悪いところも書いておきます。

  • 有線接続のものしかない。
  • テンキーレスのモデルでも重量が1kg以上あって重い。
  • 値段が高くておいそれと手を出せる価格じゃない。
  • 静電容量無接点方式のキーボードしか受け付けられなくなる身体になってしまう。

これくらいでしょうか。
持ち運ぶには重すぎるので別のキーボードを用意する必要がありますね。
それが僕にとってはMagic Keyboardなのですが、REALFORCEに慣れてしまうと打鍵感に少し違和感が残ります。
既に静電容量無接点方式の魅力に取り憑かれつつある…

そして人はHHKB BTに手を出してしまうのでしょう。

あれなら辛うじて持ち運べないこともないし。
僕もこのままいくと間違いなく買ってしまいそうです!
この1年間でキーボードに払った金額の総額が恐ろしいことになってます。

まとめ

何か途中からラリった感じの文章の羅列になってしまいましたが、それくらいの魅力があるキーボードだと言うことだけでも分かってもらえればそれで良いです。

そして少しでも気になった方は是非その魅惑の打鍵感を体験してもらいたいな、と。
ビックカメラとかグッドウィルに置いてあったりするのでHHKBよりは敷居が低いのかなと思います。
僕も歩いて行けるくらい近所のグッドウィルに置いてあったのを触ってしまい買う羽目になってしまいました。
それくらい危険なキーボードなのでもし体験される方は覚悟して行ってみてください。

それでは今日はこの辺で。

ありがとうございました。

僕の愛用しているREALFORCEはこちらです。