【レビュー】BUMP OF CHICKEN リボンは20年の集大成を感じさせる名曲だった!

皆さんこんにちは、ナベ(@naoki_watanabe)です。

私はBUMP OF CHICKEN(以下バンプ)のファンです。

大学時代に出会ってからかれこれ11年くらい聞き続けています。

そんなバンプがとうとう結成20周年を迎えたということでひとつの曲が先日発売されました。

その名も「リボン」。

そしてその曲があまりにも20周年の歩みを感じさせる曲に仕上がっていて思わず感動してしまいました。

その勢いに乗ってレビュー記事をお届けします!

リボンとは

リボンという曲はバンプ結成20周年最後の日である2017年2月10日に発表された曲です。

そこから3ヶ月ばかり経った5月1日に発売されました。

発売されましたと言ってもCDが発売されたわけではなく、各種音楽サイトによる配信のみで入手できます。

最近はバンプもこういうの増えてきましたね。

どんどん時代は変わっていくんですね。

最初の感想は優しい曲

初めて聴いた時はワクワクしながら聴きました。

バンプの20周年の集大成の曲になるわけですから、どんな曲になるんだろうと。

初めて聴いた時の感想はとにかく優しい曲、でした。

バンプと言えばツンツン、トゲトゲしていることで有名でした。

もちろんそれは表向きであって中身には優しさもあったのですが、表から中身まで全部が優しい。

バンプも変わったなあと。

5枚目のアルバムのorbital periodくらいから優しくなりましたよね。

とんがっているバンプも好きでしたが、優しいバンプも大好きですよ、はい!

歌詞を追いかけてみる

バンプと言えば言葉にこだわりまくった歌詞が魅力。

歌詞を追いかけて行きましょう。

出だしからいきなり

“嵐の中をここまで来たんだ

嵐の中をここまで来たんだ”

と始まります。

楽ではない20年間だったんだなと感じるとともに自分の10年、20年も同じだったなあとしみじみした気持ちになります。

そして

“出会って生まれた光 追いかけて”

と続きます。

光、追いかけてのフレーズから私の中でバンプの名曲 fire signが連想されました。

fire signは夢を追いかけるような歌でしたが、バンプの20年間も必死に夢を追いかけて駆け抜けて来たんだなあと。

そしてここから畳み掛けるようにバンプの曲に散りばめられていたフレーズ達が登場します。

ガラス玉:カルマ

傘:ウェザーリポート

地図:ロストマン

音符:66号線

などなど。

そもそも一番初めの嵐の中というフレーズもSailling daysを連想させます。

これらのフレーズは単にファンサービスで散りばめているのではなくバンプの言葉にまで昇華されているんだろうなあと。

どちらにせよその20年の歩みに重みを感じるのです。

結んできたんだというフレーズの重さ

バンプファンならにんまりしてしまあフレーズに言及しましたが、それを知らなくても20年の歩みを歌った曲として普通に素晴らしいです。

“ぼくらを結ぶリボンは

解けないわけじゃない

結んできたんだ”

という歌詞が出てきますが、深いなと。

20年も一緒に歩むのは簡単なことではない。

色々なことがあったのでしょう。

時には反発しあったりね。

しかし結んできた、自分達の意思でここまで4人でやってきたんですね。

そしてここにきてタイトルのリボンの意味を考えたのですが、4人の絆を表すならば別にリボンじゃなくても良いじゃんと。

それこそロープや紐でも良いわけです。

リボンという言葉にはプレゼント的な意味が込められています。

この曲はバンプからファンへのプレゼントなのかもしれません。

ファンだけじゃないか。

関係者やメンバーもかも。

色んな人への感謝の気持ちがこもった1曲なのかなと。

どこまでも行くんだ

最後は

“嵐の中をどこまでも行くんだ

赤い星並べてどこまでも行くんだ”

で締めくくります。

赤い星=バンプの4人のことなのですが(これまでもずっとこのイメージ)、これからもどこまでも4人で進んで行くんだなあと。

これからのバンプもとても楽しみです。

これまでも曲を出すたびにどんどん進化して行くバンプでしたが、これからもまだまだ進化して行くと信じて、私もどこまでもついていきますよ!

バンプファン以外にもオススメできる!

めちゃくちゃバンプファン目線で書きなぐってしまいましたが、ファン以外の方々にもオススメできる1曲です。

20年音楽活動をしてきて大人になったバンプが優しい曲調、語り口で、そして時には捻った言葉で20年を綴っている。

バンプを知らなくても十分にしんみりさせてくれる曲になっています。

捻っているというのは例えばここ。

“同じ時に震えたら 強くなれた 弱くなれた”

強くなれたは分かるけど弱くなっちゃうの!?

私の解釈としてはこの4人なら弱みも晒け出せるということかなあと。

4人の信頼関係の厚さを感じました。

まとめ

リボンはバンプファンのみならずバンプファン以外の方にも是非聞いてもらいたい名曲でした。

聴けば聴くほど色んな解釈ができてとても面白いです。

逆にこの曲でバンプを気に入って、この曲からバンプファンの道に入っていっても良いかも。

バンプを知ってもらうにも良い曲ですね。

言葉選びのセンスもそしてメロディもまさしくバンプそのものな曲ですから!

私は最近少し元気が無かったのですが、この曲に元気付けられました!

少しくらい面倒なこと、嫌なことがあっても頑張ろう。

またバンプに元気をもらおう。

ありがとうバンプ!

そしてこれからもよろしく!!