過去の自分と今の自分は繋がっている!BUMP OF CHICKEN 記念撮影の感想を書いたよ!

皆さんこんにちは、ナベ(@naoki_watanabe)です。

BUMP OF CHICKEN(以下バンプ)の新曲「記念撮影」が7月5日にリリースされました。

今回もCDでの発売はなく、楽曲配信のみとなります。

最近のバンプはこのスタイル多いですね。

さて、この記念撮影ですがバンプらしさを保ちつつも新しさも感じる曲になっています。

今回はレビューというにはおこがましい、ただの感想をつらつらと綴ります。

過去と今は繋がっていると感じさせてくれる名曲に仕上がっていますよ!

カップヌードルのCM曲

まず記念撮影はカップヌードルのCM曲として使われています。

魔女の宅急便の未来バージョンのあの話題のCMです。

バンプの曲でタイアップ曲って昔は少なかったんですが、最近は増えてきましたね。

バンプの心境の変化を感じさせます。

曲としては大人しめ、むしろ暗めの印象

私はいつも新曲を聴く時は歌詞は全く頭に入って来ず、メロディーから堪能します。

メロディーは全くキャッチーではなく、テンポも遅いし大人しめな印象。

いや、むしろ暗いですね!

バンプを知らない人が聴いたらびっくりするんじゃないかな?

バンプとしては平常運転なんですけどね(笑)

暗いメロディーの曲でも歌詞は前向きだったりというのがバンプの魅力!

今(未来)から過去へ、過去から今(未来)へという曲の構成

バンプのお得意の構成ですね。

暗めのメロディー、そして今(未来)から過去を見つめているという流れはいつものバンプらしさを感じます。

ネットで感想を見ているとバンプらしくないとか新しいとかいう感想もありましたけど、私はど直球なバンプだと感じました。

中盤で出てくる記念撮影が物語のキーに

曲の中盤で記念撮影がお目見え。

もちろん記念撮影と直接は言わない。

“固まって待ったシャッター

レンズの前で並んで”

という歌詞で記念撮影を匂わせているに留まっています。

直接言わないのがバンプです。

その記念撮影から視点は未来である今に移ります。

ああ、バンプで良くある今(未来)から過去を見つめている曲なんだなあと思ったんですが、変化球がありました。

“掌の上、動かない景色の中から

僕らが僕を見ている”

今の僕が眩しいくらいの過去の僕らを見ていたと思ったら、僕らも僕を見ていた!?

そう来たかって感じ。

こういうところが新しいと感じさせますね。

また、演奏を注意して聴いているとバンプお得意のギターなどは少なめで、確かに新しいっちゃ新しい。

最近このスタイル多いけど。

つまりバンプらしい物語の構成だけど変化球もあり、そして音楽としては新しいスタイルにチャレンジしている。

そんな1曲になっているわけです。

お気に入りのフレーズ達

ここからはたくさん散りばめられたフレーズ達の中からお気に入りのものをいくつかピックアップして紹介したいと思います。

いきなり冒頭から、“目的や理由のざわめきからはみ出した”というフレーズ。

学生時代特有のあの自由な感じを表現していますが、こう来たかと言う感じ。

“迷子のままでも大丈夫、僕らはどこだって行けると思う”

目的や理由もない状態を迷子と呼んで、迷子でも大丈夫だよって言ってくれるんですね。

今を必死に生きれば自ずと道は開けていくよ、と言うことでしょうか。

学生へのメッセージにも聞こえますが、社会人になった自分が過去の自分に言い聞かせているようにも聞こえます。

その後に出てくる“終わる魔法”と言うフレーズはめちゃくちゃ好きです。

学生時代の楽しさって魔法みたいなもんなんですよね。

いつかは終わってしまうと本人たちも気づいている。

だけど精一杯謳歌しないんですよね。

何となく今の感情を大事にして生きていってしまう。

それでも良いんだよって言ってくれてるんですけどね。

それにしても“終わる魔法”と言う表現がGood!

そして物語は2番へ。

“とても楽しくて、ずるくて”

記念撮影を見て過去の自分に向けた言葉。

今から見るとあの楽しさはずるいってことかな。

確かにずるいですよね〜。

あんなに楽しいことばかり続く毎日はそうそうないですよ!

“レンズの外の世界”

未来である今のことですね。

バンプは基本的に直接的な表現は使わない。

直接的な表現が最も効果的な場面でしかね。

それがまた良いんです。

“その昨日の下の変わらない景色から ここまで繋がっている”

ここが一番言いたかったところかなと。

過去の自分があって今の自分があると言うこと。

過去といまは切っても切り離せない関係にある。

目的も理由もなく生きていても大丈夫だよって、今に繋がっているんだよって言ってますね。

そしてさらに先の未来にも繋がっているんですね。

こう言う未来志向な感じがバンプの好きなところです。

どれだけメロディーが暗くても、今回は違いますが過去や今の描写が暗くても前にだけは進んでいく。

これぞバンプと言った感じ。

私も前向いて行くぞ!

まとめ

わざとまとまりなく書いてみました。

曲の解説っぽくなって解釈を狭めないようにね。

聴いた人の数だけ解釈がある、そんな曲になっていると思います。

私の解釈はあくまで参考程度に、自分だけの解釈を持って聴いて欲しいなあと思います。

でもそんなに気張って聞かなくても大丈夫!

カップヌードルのCMを見て魔女の宅急便が懐かしくなって、そしてあのCMで流れてた曲だ!

そんな感じで気軽に聴いても十分に幸せになれる名曲です。

YouTubeでMVも見れますんで、まずは試しに聞いてみてくださいね!

それでは今日はこの辺で。

ありがとうございました。