今年こそ桜を綺麗に撮りたい!桜の写真の撮り方を解説します

皆さん、こんにちは。

桜が綺麗な季節になりました。
あまりに綺麗なので写真に収めたいと思うわけですが、桜の写真って意外と難しいんですよね。
同じような写真ばかりになってしまう。
どうやったら上手く撮れるのでしょうか?

というわけで、今回はそんなに上手ではないが写真好きな私が、桜の写真の撮り方について解説します。

 

普通に撮るとこんな感じになる

まずは普通に撮った例をご紹介します。

R0010457

マクロっぽい写真ですね。
1枚1枚の花びらを綺麗に撮ろうと思ったらこうなりました。
こういう写真、皆さんも撮られると思います。

次はこういうのはどうでしょう。

R0011643 1

桜の木を撮りました!って感じ。
こういう写真も皆さんもよく撮られませんか?

結局これら2枚のような写真ばかりになってしまうんですよね。
桜が綺麗でテンション上がってしまって、たくさん写真を撮ったは良いけど、家に帰って冷静になって見てみると、全部同じような写真やん!みたいな。

 

景色の一部にしてしまう

というわけで、次からはちょっと違った撮り方です。

L1005103

景色の一部として桜を入れ込んだ事例になります。
桜が主役というよりは、あくまで風景の一部、みたいな。
風景の一部にしても桜はとても映えるんですよね。
風景なら色んなところがあるから、同じ写真ばかりになってしまったということはないでしょう。

どうでも良いですが、真ん中の方にあるのが、我が市の名所、岡崎城でございます。

 

背景にしてしまう

そしてもっと変わった事例も。

L1005091

被写体としてこいつらが良かったかはともかくとして、桜を贅沢に背景として使った事例です。
先ほどの写真以上に目立たない。
脇役も脇役です。
主役はあくまで石像達。
桜は春らしさを演出するだけの脇役になります。
だけど、名脇役ですね。
このような桜の使い方、私はよくやります。
十分桜の力は引き出せていると思いますしね。

 

まとめ

というわけで、今回はいつもと違った感じに桜を撮る方法を解説しましたがいかがだったでしょうか?
今回の4種類のパターンを使い分ければ、全部同じ感じになってしまったということはないはずです。
色んな取り方を知っていると、ちょっと通っぽくて嬉しい感じもしますよね。

他にももっと色んな撮り方があるかもしれません。
ご存知の方は教えていただけると幸いです。
私も写真を撮るのが大好きで、もっともっと色んな桜の撮り方を学びたいですから。
今年はもう満足するくらい写真を撮ったので、来年ももっとたくさん撮るぞ〜!

それでは今日はこの辺で。

ありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。
ポチッと押していただけると励みになります。