いざという時のために揃えて安心!我が家の防災グッズを紹介します

DSC08181

皆さん、こんにちは。

東日本大震災から5年が経ちました。
東日本大震災以降、家庭の防災が色んなところで話題になっておりましたが、実は我が家は家具の耐震固定も防災グッズも何も準備していませんでした。
まあ、夫婦二人の家庭なんてこんなもんです。

しかし子どもが生まれることになって、急に防災について考えるようになりました。
子どもがハイハイしているところに家具が倒れてきたら…
家に住めなくなっても数日間は生き延びるようにしなければ…
考え出すと止まらないものです。
結局急いで色んなものを準備しました。

今日は我が家の耐震固定、防災グッズについてご紹介します。

 

耐震固定を考える

まずは家具の耐震固定から。
興味なかった頃は全く無知だったんですけど、耐震固定グッズって、通販とかでも簡単に買えるんですね。
我が家では主に冷蔵庫や電子レンジなど、大型な家具の転倒防止に使用しました。
冷蔵庫にはベルトタイプのものを、電子レンジにはストッパータイプのものを使用しました。

DSC08182 DSC08183

取り付けも意外と簡単。
家具1個あたり10分かかったかかからなかったかくらいでしょうか。
説明書読みながら迷いながらやったのにこの早さ。
いかに簡単かわかると思います。

 

震度7まで耐えられるらしい

ところで今回購入した耐震固定グッズ、どれくらいの地震に耐えられるか気になったのですが、震度7までは大丈夫みたいです。
なるほど、十分だと思います。
取り付けも簡単だったし、震度7まで耐えられるらしいし、これで子どもが家具に押しつぶされてしまうことは無くなったのかな!?

 

防災グッズについて考える

次に防災グッズの紹介です。
いろいろ調べて1式揃えました。
これくらいあればしばらくは生き延びられそう!?

  • ヘルメット
  • リュックサック
  • ポケットラジオ
  • 乾パン
  • インスタントごはん
  • 水のペットボトル
  • 軍手
  • ロープ
  • LEDランタン
  • LED3灯ライト
  • 2WAYライト
  • 防煙フード
  • ウェットティッシュ
  • カロリーメイト的なもの
  • コンパクトな防寒シート
  • 携帯用レインコート
  • ミルクビスケット
  • 目隠しポンチョ
  • 緊急トイレ袋
  • キャップライト
  • ゴミ袋
  • 乾電池式USB充電器
  • スマートフォン用充電ケーブル
  • 給水パック
  • 歯ブラシ
  • マスク
  • カイロ
  •  ポリ袋
  • ポケットティッシュ
  • 救急セット

ライト類が多いのはご愛嬌ということで。
それぞれ得意なことが違うので、状況によって使い分ける感じです。
後は食べ物も地味に多いですが、食べなきゃ死んじゃうので仕方がないですね。
1式をリュックサックに入れていつでも持ち出せるように準備しています。

 

防災グッズの定期メンテはたすくまに任せよう

最後に、注意したいのは食べ物や水の賞味期限とライトなどの電池の残量。
いざという時に食べられません、点きませんでは手遅れなので、定期的に確認したいところ。
定期的な確認にはたすくまが便利です。
1ヶ月あるいは2ヶ月に1回確認するリピートタスクを登録しておけば、意識しなくても自動的にタスクを作って思い出させてくれます。
たすくま、便利すぎるでしょ!

ということで、今回は耐震固定グッズと防災グッズを紹介しました。
皆さんも是非この機会に防災について考えてみてください。

それでは今日はこの辺で。

ありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村